電話買取

査定

MENU

~~ 買取アイテム ~~

一眼レフカメラの買取価格

コラム詳細

一眼レフとミラーレスの違いは?初心者向けに徹底比較

一眼レフカメラとミラーレスカメラはどちらもレンズ交換が出来るカメラですが、これらにはさまざまな違いがあります。

特徴も大きく異なるため、一眼レフカメラとミラーレスカメラの違いをしっかりおさえて選ばなければ後悔のもとにもなりかねません。

 

そこで今回は、一眼レフカメラとミラーレスカメラの基礎知識を紹介したうえで、一眼レフカメラとミラーレスカメラの違いや、どちらを選ぶべきかを解説します。

自分の目的に合ったカメラを選びたいと考えている方は、ぜひ参考にしてください。

初心者必見!一眼レフカメラとミラーレスカメラの基礎知識

まずは、一眼レフカメラとミラーレスカメラの基礎知識を解説します。

一眼レフカメラとミラーレスカメラのそれぞれにおける特徴は、以下のとおりです。

 

〇一眼レフカメラの特徴
一眼レフカメラは、中にミラーやペンタプリズムが内蔵されているデジタルカメラです。

1つのレンズで、撮影のみならず撮影範囲の見定めも行うことができます。

 

〇ミラーレスカメラの特徴
ミラーレスカメラは、ミラーが内蔵されていないカメラです。

ファインダーの奥にはペンタプリズムではなく、小さな液晶モニターが内蔵されています。

 

一眼レフカメラはミラーが内蔵されているカメラ、ミラーレスカメラはミラーが内蔵されていないカメラと認識しておきましょう。

参考:一眼レフカメラの買取価格|買取ステーション

【比較】一眼レフカメラとミラーレスカメラの違い

 

一眼レフカメラとミラーレスカメラの違いは、ミラーの有無だけではありません。

構造や機能から買取価格まで、さまざまな違いがあります。

 

以下より、一眼レフカメラとミラーレスカメラの違いについて、詳しく解説します。

「自分の目的に合うカメラを選びたい」と考えている方は、ぜひ参考にしてください。

 

ファインダーとミラーの違い

一眼レフカメラのファインダー(覗き窓)は、レンズが映す光景をそのまま見ることができる光学ファインダーです。

そのため一眼レフカメラには、レンズから入った光をファインダーに届ける役割を果たすミラーやペンタプリズムが内蔵されています。

 

一方、ミラーレスカメラのファインダーは、電子ビューファインダーです。

ミラーのないミラーレスカメラは、レンズが映す光景をそのままイメージセンサーに届け、ファインダーの奥にある小さな液晶画面に映します。

 

ミラーレスカメラのファインダーに見える画像は、カメラの撮影者側に設けられている液晶モニター(画面)で確認できる画像と同じです。そのため、ファインダー自体がないミラーレスカメラも少なくありません。

 

サイズの違い

 

一眼レフカメラには、ミラーやペンタプリズムなど、さまざまな部品が内蔵されています。そのため、一眼レフカメラはサイズが大きく、重量もあることが一般的です。

 

一方、ミラーレスカメラには、ミラーやペンタプリズムなどの部品が内蔵されていないため、小型軽量ボディーである傾向があります。

毎日カメラを持って歩きたいと考えている方には、より手軽に持ち運びできるミラーレスカメラがおすすめです。

 

画質・イメージセンサーの違い

 

一眼レフカメラとミラーレスカメラとで、撮影する写真の画質に大きな差が生じることはあまりありません。

しかし、一眼レフカメラとミラーレスカメラとでは、搭載しているイメージセンサーのサイズが異なる傾向があります。

 

一眼レフカメラは、「フルサイズ」や「APS-C」など、比較的大きなサイズのイメージセンサーを内蔵していることが一般的です。

センサーサイズが大きければ、明部や暗部の階調がより豊かに表現でき、同じ画角のレンズで撮影してもボケが大きくなります。

 

なお、ミラーレスカメラのイメージセンサーは、大きなものから小さなものまでさまざまです。

最も大きな「フルサイズ」のイメージセンサーを搭載しているものもあれば、比較的小さな「マイクロフォーサーズ」のイメージセンサーを内蔵しているものもあります。

 

レンズ交換の違い

 

一眼レフカメラとミラーレスカメラはどちらも、カメラ本体からレンズを取り外し、レンズ交換をしてさまざまな撮影を楽しむことができるカメラです。

 

しかし、一眼レフカメラの方が、ミラーレスカメラよりも、対応している交換レンズの種類が豊富である傾向があります。

 

さまざまなレンズを使って幅広い撮影を試みたいと考えている方は、一眼レフカメラを選ぶと良いでしょう。

 

フランジバックの違い

 

一眼レフカメラとミラーレスカメラとは、フランジバックにも違いがあります。

フランジバックとは、レンズマウントからイメージセンサーまでの距離を表す言葉です。

 

一眼レフカメラは、ミラーがある分フランジバックが長く設計されています。一方、ミラーレスカメラは、ミラーがない分フランジバックが短く設計されていることが一般的です。

 

フランジバックの長短によって使えるレンズの種類も変わります。

しかし、フランジバックが短い機種については、マウントアダプターを取り付けてさまざまなレンズを使用できるようにすることが可能です。

 

買取価格の違い

 

一眼レフカメラとミラーレスカメラを買い取りに出した場合、一眼レフカメラの方が高値が付きやすいと言われています。

一眼レフカメラのエントリーモデルについては、40,000~100,000円が買取価格の相場です。

 

一方、ミラーレスカメラは一眼レフカメラよりも定価が安いものも多く、そういったカメラは査定額も下がります。

ミラーレスカメラのエントリーモデルの買取価格の相場は10,000~50,000円のラインが多いようですが、近頃は一眼レフカメラよりも高価で性能が良いミラーレスカメラも増えています。そういったミラーレスカメラの買取価格は上がる可能性は十分にあると言って良いでしょう。

参考:一眼レフカメラの買取価格|買取ステーション

一眼レフカメラとミラーレスカメラはどっちがよい?

ここまで解説したとおり、一眼レフカメラとミラーレスカメラには、それぞれ異なる特徴があります。

しかし、どちらのカメラが良いかは自身の撮影スタイルやシチュエーションによって変わるため、どちらのカメラの方が優れていると一概に判断することは不可能です。

 

以下より、一眼レフカメラが向いている撮影シーンとミラーレスカメラが向いている撮影シーンについて、それぞれ解説します。

一眼レフカメラとミラーレスカメラのどちらを選べば良いかわからずに悩んでいる方は、ぜひ参考にしてください。

 

〇一眼レフカメラが向いている撮影シーン
一眼レフカメラはレンズが捉えた像をそのまま見ることができる光学ファインダーを採用しているため、動く被写体の撮影に向いています。

また、ライブビュー撮影をしなければ、バッテリーの消耗を抑えることも可能です。

野外に何日も宿泊して野生動物の写真撮影を行う予定などがある方は、一眼レフカメラがおすすめでしょう。

 

〇ミラーレスカメラが向いている撮影シーン
一眼レフカメラと比べて軽量であるため、気軽に持ち歩いて本格的な写真撮影を楽しみたい方に向いています。

また、ミラーレスカメラは電子ビューファインダーを採用しているため、ファインダー撮影に慣れていないカメラ初心者も、あまり失敗することなく写真撮影をすることが可能です。

日常のあらゆるシーンを写真に収めたいと考えている方は、ミラーレスカメラがおすすめでしょう。

 

買取ステーションでは、一眼レフカメラはもちろんミラーレスカメラの買い取りも行っています。

今持っている一眼レフカメラやミラーレスカメラを手放して新しいカメラを購入しようと考えている方や、将来買い取りを依頼しようと考えている方は、ぜひ買取ステーションをご利用ください。

参考:一眼レフカメラの買取価格|買取ステーション

まとめ

 

一眼レフカメラはミラーやペンタプリズムが内蔵されているカメラ、ミラーレスはミラーが内蔵されていないカメラです。その他、一眼レフカメラとミラーレスカメラには、ファインダーやサイズなど、さまざまな違いがあります。

 

一眼レフカメラは動く被写体を写真に収めたい方に、ミラーレスカメラは日常的に写真撮影を楽しみたい方におすすめです。

ここまで紹介した情報を参考に、ぜひ自分のニーズに合うカメラを選択してください。

一眼レフカメラ買取コラム一覧