電話買取

査定

MENU

一眼レフカメラの買取価格

コラム詳細

カメラの買取価格が相場価格よりも安く提示された時の対処法

相場価格よりも低い数字で一眼レフカメラの査定額が提示される

相場価格よりも実際の買取価格が低い

一眼レフカメラの買取価格にも各製品ごとに相場価格というものがあります。また買取価格には査定ランクというものもあるので、一概に買取額の平均値が相場価格というわけではありませんが、ここでは分かり難くなってしまうので平均値=相場価格であるということにさせてください。

例えば売りたいカメラの買取価格をネットで検索すると多くの買取専門店が出てきます。それぞれのお店の買取価格をみたとき、ショップAでは80,000円、ショップBでは90,000円、ショップCでは100,000円となっていたとします。ここだけでみると平均値は90,000円となりますので相場価格は90,000円となります。

さて相場価格がわかってネットで一番高い買取価格を提示しているのもどこかも分かりました。そこでどこよりも高い買取価格を提示していたお店にカメラを持って行くのですが、そこで思わぬ事態が……。

実際にショップCでカメラの査定してもらったら「こちらのカメラの査定額は80,000円です」と言われてしまいました。さて、こんな時はどうしたらいいのでしょう?

参考:一眼レフカメラの買取価格|買取ステーション

査定理由の内容を確認しておきましょう

ショップCでは思ったよりも低い買取価格を提示され驚いてしまうかもしれません。ただここで慌ててはいけません。せっかくなのでショップAやショップBにも実際に査定してもらいましょう。但しここで注意しなければならないことが3点あります。

注意点1 査定内容を確認する

カメラのランクはどのくらいだったのか、またカメラのどういったところを見て査定をしたのか、確認ポイントをきいておきましょう。またどこがどうなっているからこの価格なのか理由も自分で分かるようにしておきましょう。

注意点2 査定内容を書面にしてもらいましょう

査定内容は簡単でいいので書面にしてもらいましょう。いつ、どこで、だれが、何を査定してくれたのかが記されていればOKです。お店によっては断られるところもあるかもしれませんが、そもそもそういったお店は査定内容があやふやなところなのかもしれません。怪しいところはやめておきましょう。

注意点3 査定額の有効期限を記しておきましょう

注意点2で書いてもらった書面の査定額の有効期限はいつまでなのかも記しておいてください。ほとんどのお品物の相場価格は日々少しずつ下がっていきます。先月査定してもらった価格と今月査定してもらった価格は違ってくることがほとんどなので、査定してもらった買取価格がいつまで有効なのかは、ちゃんと残しておきましょう。

参考:一眼レフカメラの買取価格|買取ステーション

他の買取ショップと比べて一番高いところに買い取ってもらいましょう

先ほどの注意点3にあった査定額の有効期限の中でできるだけ多くの買取ショップを比べてみましょう。またそれぞれのお店で注意点1や2の査定理由を確認して書面をもらっておくことも忘れないでください。お店によっては「今なら査定額を〇%UPします。」とか「今日でなければこの価格はありません」などと揺さぶりをかけてくるところもあるかもしれませんが惑わされないでくださいね。

忙しくて大変かもしれませんが、カメラの買取価格が相場価格よりも安く提示された時は他の買取ショップと比べて一番高いところに買い取ってもらいましょう。

参考:一眼レフカメラの買取価格|買取ステーション

一眼レフカメラ買取コラム一覧