電話買取

査定

MENU

一眼レフカメラの買取価格

コラム詳細

一眼レフカメラの選び方ガイド!自分に合うカメラが簡単に見つかる

一眼レフカメラは各メーカーから多くの種類が販売されています。そのため、一眼レフカメラ購入の際に、カメラ選びで悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

特に一眼レフカメラは高額なものが多く、思っていたものと違うからといって、購入したあとに別のカメラに買い替えるという方法は取りづらいでしょう。

 

そこで今回は、一眼レフカメラの選び方や選ぶ際に重視すべきポイントについて詳しく解説します。一眼レフカメラの購入で悩んでいる方は、参考にしてください。

 

一眼レフカメラの基礎的な選び方

 

一眼レフカメラを選ぶ際には、まず自分が何を撮りたいかということを考えましょう。

撮影したいシーンや被写体によって、カメラに求める性能は異なります。

 

撮影したいシーンは昼か夜か、室内か屋外か、被写体は動いているのか静止しているかなどをよく考えましょう。

ここでは、撮影シーン別に必要なカメラの性能について解説します。

 

【センサーサイズ】暗所の撮影が多いならフルセンサー

 

 

室内や暗い場所での撮影では、「光がうまく取り込めない」「ノイズでザラザラになる」などが要因となり、美しい写真の撮影が難しい場合があります。

そのようなときには、明暗を表現できる範囲が広くISO感度の高いカメラが必要となります。

 

室内や暗所での撮影が多い場合には、フルサイズのイメージセンサーを搭載したカメラがおすすめです。センサーサイズの大きなカメラであれば感度がよく、光を多く取り込むことができるため、暗所での高感度撮影が可能となります。

 

【連写速度】連写枚数が多いと高速の被写体も撮影可能

 

 

高速で動く被写体を撮影することが多い場合には、連写枚数が多い機種がおすすめです。

 

スピードの速い被写体のベストショットを狙うためには、可能な限り多くの枚数を連続で撮影すると同時に、連写のたびに高速でピントを合わせる必要があります。

そのため、スピードの速い被写体を撮影するカメラには、高速連写性能とオートフォーカス(AF)が優秀であることが求められます。

 

撮影速度は速いモデルで1秒間に10~20コマ、遅いモデルで5コマ程度撮影できます。目安として1秒間に7コマ程度撮影できる一眼レフカメラを購入すると良いでしょう。

 

【操作ダイヤル】設定重視なら操作が充実したモデル

 

 

撮影シーンを限定せずさまざまな被写体を撮り、シーンごとの細かい設定を手軽に行いたい方には、操作ダイヤルが充実した操作性の高いモデルが良いでしょう

暗い室内から一転して快晴の屋外に出た際、即座に設定を変更できれば、長々と設定変更している間にシャッターチャンスを逃すこともありません。

 

目まぐるしく変わる状況下で自分の思い通りの写真を撮影したい方は、操作ダイヤルが一つではなくサブダイヤルが付いた、中級機以上の上位モデルを選びましょう。

中級機以上であれば、豊富な撮影モードの中から望んだ状況に合わせた設定ができます。

ただし購入する際には、自分が主に撮影するシーンに合ったモードが搭載されているかしっかりチェックしましょう。

 

【Wi-Fi・Bluetooth】スマホの転送に必須の機能

 

 

一眼レフカメラで撮影した写真をスマホに送りたい方は、Wi-Fi・Bluetooth機能が搭載されているカメラを選びましょう。

Wi-Fi・Bluetoothによる通信機能があれば、撮影した写真をすぐにSNSへアップしたり、PCへバックアップ保存をしたりといった作業が簡単にできます。

 

また、一眼レフカメラとスマホを常時Bluetooth接続すれば、撮影したデジタル写真を一瞬でスマホへ送ることも可能です。サイズの大きな画像や動画の場合でも、Wi-Fiを使うことで手軽に転送することができます。

ただしバッテリーの消費が激しいため、外出先で使用する際は予備の充電器を準備しましょう。

 

参考:一眼レフカメラの買取価格|買取ステーション

 

メーカーで見る一眼レフカメラ選びのポイント

 

一眼レフカメラは、メーカーごとに特徴があります。有名なメーカーであるからとスペックを確認せずに購入することは危険です。

一眼レフカメラを購入する際には、しっかりと一眼レフカメラのメーカーごとの特徴やポイントについて確認し、比較検討しましょう。

ここでは、一眼レフカメラを販売している代表的なメーカーの特徴を紹介しています。

 

Canon(キヤノン)

 

キヤノンは、1937年創業の歴史あるメーカーです。また、キヤノンはカメラ業界において常に高いシェアを誇っています。

 

AFセンサーが高性能であることがキヤノン製品の特徴の一つです。また、キヤノン製の一眼レフカメラは多機能・高性能であるため、センサー以外にも誇る点が豊富にあります。

撮りたい写真のシーンでカメラを選ぶ際にも、最適な機種を見つけることができるでしょう。

 

キヤノン製の一眼レフカメラは、特に初心者向けのエントリーモデルが充実しています。

そのため、最初にキヤノン製品を購入してそのまま上級クラスまで使い続けるユーザーが多い傾向にあります。

 

◎キヤノンのカメラの特徴

・入門機からプロ向けまで非常に豊富なラインナップ

・オートフォーカスの速度が速い

・ミドルクラス以上には動く被写体にもピントを合わせ続ける機能を搭載

・交換レンズは質・量ともに他を圧倒する

 

Nikon(ニコン)

 

ニコンは、キヤノンと並ぶカメラの二大トップメーカーの一角を担う1917年創業の老舗メーカーです。軍需用機器にルーツを持つため、非常に頑丈で壊れにくい製品づくりで多くのユーザーから支持されています。

 

ニコン製の一眼レフカメラはフルセンサー搭載機が多いため、明るくハイレベルな高画質撮影を実現できます。一眼レフカメラや交換レンズの選択肢はキヤノンに次ぐ多さです。

 

◎ニコンのカメラの特徴

・人の目で見たままの自然な写真撮影が可能

・フルサイズモデルの一眼レフカメラの選択肢が多い

・レンズの製造技術が高い

・交換用レンズのラインナップは質・量ともに充実している

 

SONY(ソニー)

 

ソニーは数々のヒット商品を手掛け大きなシェアを持つ1946年創業の電機メーカーです。カメラの製造では後発であるものの、2006年よりコニカミノルタから引き継いだ一眼レフブランドを展開し現在に至ります。

 

ソニーは他社に先駆けてミラーレスの開発販売に踏み切ったこともあり、現在の主軸はミラーレスカメラとなっています。最新モデルの一眼レフスタイルのカメラも、構造はミラーレスと同じとなっています。

 

◎ソニーのカメラの特徴

・トランスルーセントミラー搭載で常時ピント合わせと高速連写を実現

・小型軽量ボディの機種が多く初心者でも扱いやすい

・一眼レフカメラのファインダーはミラーレスと同じEVF(電子ビューファインダー)採用

・主力がミラーレスカメラであるため、一眼レフカメラは値下げされて手頃感がある

 

PENTAX(ペンタックス)

 

ペンタックスは、1919年創業の一眼レフカメラメーカーです。非常に個性的なカメラやレンズのラインナップから、「ペンタキシアン」と呼ばれる多くの根強いファンを持つことが強みと言えます。

 

主要カメラメーカーの中で唯一、フルサイズより高画質な中判サイズの一眼レフカメラを製造しているメーカーです。

 

◎ペンタックスのカメラの特徴

・情感ある個性的な色彩描写

・エントリー機を含むすべてのモデルに防塵防滴性能搭載でアウトドアでも安心

・本体サイズが小型軽量なため持ち運びに便利

・バランスの取れた高い基本性能を持ちコストパフォーマンスが高い

 

参考:一眼レフカメラの買取価格|買取ステーション

 

一眼レフカメラのメリット・デメリット

 

一眼レフカメラを購入する際には、一眼レフカメラが持つメリット・デメリットについても把握する必要があります。また、一眼レフカメラを選ぶ際には、ミラーレスが適切かという点も考慮すべきポイントです。

最後に、一眼レフカメラのメリット・デメリットを紹介します。

 

◎メリット

・カメラボディやレンズのラインナップが豊富

・光学ファインダーにより肉眼や液晶モニタで見たままの撮影が可能

 

◎デメリット

・ミラーレスと比べ、カメラボディ・レンズともに大型で重い

・ミラーが動くためシャッター音が大きく若干の振動がある

 

ミラーレスカメラの最大のメリットは小型軽量で持ち運びが楽である点です。カメラに対して持ち運びやすさを重視する場合はミラーレスを検討しても良いでしょう。

 

参考:一眼レフカメラの買取価格|買取ステーション

 

まとめ

 

一眼レフカメラ選びで重要な点は、自分の撮りたいシーンに合った撮影性能を持つカメラを選ぶということです。メーカーごとに特徴や性能が異なるため、一眼レフカメラを購入する際は、メーカーごとの特徴や性能を吟味して選ぶようにしましょう。

 

一眼レフカメラはほぼ毎年新しいモデルが登場します。最新のカメラが欲しいときには、古いカメラを買い取りに出すとよいでしょう。状態がよく付属品がしっかりそろったカメラは高値で買い取ってもらえます。

一眼レフカメラを買い替えるか悩んでいる方は、ぜひ参考にしてください。

 

参考:一眼レフカメラの買取価格|買取ステーション

一眼レフカメラ買取コラム一覧