電話買取

査定

MENU

~~ 買取アイテム ~~

一眼レフカメラの買取価格

コラム詳細

一眼レフカメラとは?ミラーレスとの違い・初心者に人気の機種も説明

一眼レフカメラは、うまく使いこなすことでプロのような写真が撮れるカメラです。写真撮影を趣味にする方は多く、購入を考えている方も多いでしょう。

しかし、実際に購入した場合に使いこなせるかどうか、不安に感じる方も少なくありません。

そこで今回は、一眼レフカメラの特徴や、ミラーレスとの違いなどについて解説します。初心者に人気の機種も紹介するため、一眼レフカメラに興味のある方は参考にしてください。

 

一眼レフカメラとは?

一眼レフカメラとは

一眼レフカメラは、高性能な内部センサーや特徴的な構造によりカメラ自体が大きく、重量も重い特徴があります。

また、オートフォーカス機能で撮影できるほか数多くの撮影モードに対応しており、さまざまな環境に合わせて機能のカスタマイズが可能です。

そのため、どのような状況でもきれいな写真を撮影できる点が、一眼レフカメラの特徴です。一眼レフカメラには、ほかにも以下のような特徴があります。

 

  • 高性能な内部センサーにより、高画質な撮影が可能
  • オートフォーカス機能により、ピント合わせや背景のぼかしなど操作が簡単
  • 用途に合わせてレンズ交換が可能

また、一眼レフカメラの大きな特徴は構造にあるため、ここでは構造について解説します。

 

一眼レフカメラの特徴的な構造

一眼レフカメラは、レンズを通した映像を光学ファインダーで見られることが特徴です。

ファインダーとは、撮影の際に撮影したい画面を確認する小窓のことを指します。

一眼レフカメラは、ファインダーを覗いて撮影することで、カメラがブレにくい姿勢を取ることも可能です。

一眼レフカメラの光学ファインダーとは、レンズを通った光をファインダーに導くためのミラーがある、カメラ構造のことです。レンズに入ってきた光をこのミラーで反射してファインダーで確認するため、実際に目で確認した画像がそのまま記録できます。

構造としては、シャッターを押すとミラーが上がり、画像を記録するイメージセンサー(画像素子)に読み込まれる仕組みです。

最新のデジタル一眼レフカメラには、ライブビュー機能という液晶モニターに映像を映して撮影できる機種もあります。

 

【比較表】一眼レフカメラとミラーレスとの違い

一眼レフカメラとミラーレスカメラは、さまざまな点で違いがあります。

ミラーレスは一眼レフカメラと比べコンパクトで持ち運びがしやすく、高画質な写真が撮れるため、近年人気の高い商品です。

ただ、一般的な認知度は一眼レフカメラの方が高く、機種やレンズのバリエーションも幅広く揃っています。

一眼レフカメラとミラーレスの違いについて、以下にまとめました。

 

一眼レフカメラ ミラーレスカメラ
サイズ 一眼レフ大きい ミラーレス小さくコンパクト
ファインダー 一眼レフ光学ファインダー ミラーレス電子ビューファインダー
センサー 一眼レフフルサイズ
APS-Cサイズ
ミラーレス主にAPS-Cサイズ
(近年はフルサイズも増えている)
交換レンズ 一眼レフバリエーションが豊富 ミラーレス一眼レフよりもバリエーションが少ない
バッテリー 一眼レフ液晶モニターを使用しないため、バッテリーの持ちが良い ミラーレス液晶モニターを使用するため、バッテリーの減りが早い
向いている方 一眼レフさまざまな性能のレンズを交換し、幅広く本格的な写真を撮影したい方

スポーツや乗り物など遠景を撮影したい方

ミラーレス手軽に高性能な写真を撮影したい方

持ち運びやすくコンパクトな日常使いのカメラを探している方

 

参考:一眼レフカメラの買取価格|買取ステーション

初心者が一眼レフカメラを買う際のポイント

初心者が一眼レフカメラを買うときには、いくつかポイントを押さえる必要があります。ポイントは主に4つあるため、しっかりと押さえておきましょう。

 

イメージセンサーの大きさ

イメージセンサーは、基本的にフルサイズかAPS-Cサイズの2種類が使用されています。より本格的な写真を撮りたい場合は、フルサイズのイメージセンサーを選ぶことがおすすめです。

 

液晶モニターの操作性

液晶モニターの操作性は、機種によってさまざまです。初心者が使いやすいよう視覚的に設計されているタイプもあれば、ある程度の知識を必要とするタイプも存在します。

最近の機種ではタッチパネルで操作できるようになっていたり、ガイドが親切になっていたりする機種も多くなっています。

 

撮影モードの種類

一眼レフは多くの機能を搭載しており、マニュアルモードで状況に合わせて写真を撮れる点が特徴です。しかし、最初からマニュアルモードでの撮影は難しく感じることもあります。

そのため、オート調整機能としてさまざまな撮影モードが搭載されている機種を選ぶことがおすすめです。

 

対応するレンズの種類

一眼レフを使い続けて撮影スキルが上がるにつれ、より性能の高いカメラで撮影したくなることがあります。その場合、対応するレンズが少なければ機種を買い換える必要があるため、最初から対応レンズの多い機種を選ぶと、レンズを取り替えて長く楽しめます。

 

参考:一眼レフカメラの買取価格|買取ステーション

一眼レフカメラの人気メーカー・モデル

実際に一眼レフカメラを販売しているメーカーは多くあるため、選びきれない方も多いでしょう。

ここでは、一眼レフカメラ選びに迷っている方に向けて、人気メーカーと人気モデルを紹介します。各メーカーやモデルごとに特徴が異なるため、自身の使用用途に合ったメーカーを選びましょう。

 

キヤノン(Canon)

キャノンは、一眼レフ・ミラーレス・コンデジなど、カメラのラインナップが幅広い人気メーカーです。特に一眼レフは、エントリーモデルからハイエンドモデル、レンズの種類まで数多くの種類があります。

キヤノンの人気モデル/EOS Kiss X10

EOS Kiss X10

2020年3月時点におけるEOS Kissシリーズの最新モデルです。バリアングル液晶モニターを搭載した一眼レフで、約449gの小型軽量ボディが特長となっています。

 

ニコン(Nikon)

ニコンは、一眼レフにおいて扱いやすいエントリーモデルから、フルサイズのハイエンドモデルまで幅広いラインナップが魅力です。

ニコンの人気モデル/ D780

D780

2020年に発売されたモデルで、高度なAF機能が搭載されています。ニコンの一眼レフカメラでは初めて採用されたハイブリッドAFシステムで、高画質なライブビュー撮影が可能です。

 

リコー(RICOH)

一眼レフのシェアでは、キヤノン、ニコンに続く、一眼レフ業界No.3のブランドです。

フルサイズを超える一眼レフカメラや、100通り以上のカラーバリエーション、世界最小の小型ミラーレス一眼など、あらゆるニーズに対応したカメラを生産しています。

リコーの人気モデル/ PENTAX K-70

PENTAX K-70

悪天候や過酷な環境下でも耐えうる環境性能や、高感度と表現力を兼ね備えた描写性能が搭載された高機能機種です。ボディは、小型なコンパクトサイズで、持ち出しやすい機種となっています。

 

ソニー(SONY)

ソニーは、カメラだけではなくスマートフォンやパソコン、ゲーム機など多くのデジタル機器を取り扱っている、世界シェアも高いメーカーです。

革新的な技術を持ち、常に新しいモノづくりを目指しているソニーは、カメラにも最新の技術が取り入れられ、一歩先を行く製品を生み出しています。

ソニーの人気モデル/ α9

α9

1985年に世界初オートフォーカス技術を採用したα(アルファ)ブランドの最新モデルです。フルサイズセンサーを搭載したミラーレス一眼カメラとなります。

 

参考:一眼レフカメラの買取価格|買取ステーション

まとめ

ここまで、一眼レフカメラの特徴やミラーレスとの違い、初心者に人気の機種について解説しました。

一眼レフカメラは、使いこなせるようになるまである程度時間がかかります。しかし、使いこなせるようになったときは、高い充実感を得ることが可能です。

まずは初心者モデルから使用し、徐々に慣れていくことをおすすめします。この記事を参考にして、理想のカメラを入手できるようにしてください。

 

参考:一眼レフカメラの買取価格|買取ステーション

一眼レフカメラ買取コラム一覧