電話買取

査定

MENU

一眼レフカメラ買取

コラム詳細

一眼レフカメラの買取りはお手入れ必要?

お手入れをしていないと買取額は

デジタル一眼レフカメラはお手入れをした方が買取価格が高くなります。

お手入れ(メンテナンス)をしていない機材だと買い取られないわけではありませんが、簡単な清掃だけてもしていると、買取額は高くなります。

何故なら、普段からお手入れ(使用後の清掃や、たまにはメーカーにメンテナンスに出すなど)をしている機材と、そうでない機材では、査定するスタップもカメラの状態に対しての評価にかなり違いがでるので査定結果に差が出ます。

一眼レフカメラのメンテナンス

メンテナンスと聞くと大変そうですが、一眼レフカメラのメンテナンスとは使用後の清掃や保管方法・メーカーへの点検依頼などがあげられますが、日常的な管理「清掃」と「保管」をしっかりしておけば、一眼レフ自体も長く綺麗な状態で使うことができます。

また、仮に買取に出した時、機材の状態(キズや破損、故障等は別として)についての査定チェック項目は高くなり、高価買取に繋がります。

「清掃」と「保管方法」がキーワード

一眼レフカメラのお手入れってどの程度までやればいいのかわからない方も多いかと思います。

まずは使い終わったらしっかり清掃することが大事です。ブロワーでホコリを飛ばし、汚れがある場合はクリーナーやペーパー、クロスなどでキレイにし、高温多湿・ホコリっぽくないところを避けて除湿剤などと一緒にしっかりと保管しておくことです。

将来的に買取に出すことをお考えの方は清掃と保管をしっかりとしておいて、高額買取を実現してください。

一眼レフカメラ買取コラム一覧