電話買取

査定

MENU

~~ 買取アイテム ~~

一眼レフカメラの買取価格

コラム詳細

一眼レフカメラの買取りサービスは付属品がなくてもOKです!

一眼レフカメラの買取額には関わってくる付属品

デジタル一眼レフカメラには、付属品がたくさんあるかと思います。そして買取サービスの利用をお考えの際、付属品の欠落が気になってしまう方も多いでしょう。

例えば一眼レフカメラには取扱説明書・ケーブル・ボディキャップ・ストラップ・バッテリー・バッテリーチャージャーなどが付属しています。

そこで付属品の中でも、一眼レフカメラの買取価格に大きく関わってくるものがバッテリーとバッテリーチャージャーです。何故ならばデジタル一眼レフカメラはバッテリーが無いと使えないので、この付属品は必須となります。このためカメラの売却を行いたい時には、バッテリー・バッテリーチャージャー以外のものは全て揃っていても肝心なこの2点がない場合は買取額は下がる傾向にあります。

参考:一眼レフカメラの買取価格|買取ステーション

一眼レフカメラの付属品が無くても買取はできる

それではもしバッテリー・バッテリーチャージャーがない場合はデジタル一眼レフカメラを買取ってもらえないかと言うとそうでもありません。

代替バッテリーが買取店にあるときは、そのバッテリーを使用して基本的な動作の確認を行えるので、査定は受けられます。そして、状態や動作に問題がなければ買取り価格はつきますが、バッテリーがない分査定額は確実に下がります。

このように動作確認が出来る一眼レフカメラならいいのですが、買取店に代替バッテリーも無い機材ですと、動作確認ができないので査定額はかなり下がる可能性が高いです。

付属品は揃っている方が中古販売の際にその分高く売れる可能性がありますので、買取に出す前には今一度付属品を捜し出していだくと査定額アップに繋がるはずです。

 

参考:一眼レフカメラの買取価格|買取ステーション

動作確認に不要な付属品ならなくても大丈夫?

動作確認のために必要な付属品がないと買取価格に影響することはお分かりになったかと思いますが、それ以外の付属品もあるに越したことはないのですが、その中で殆んど価格に反映されない一眼レフカメラの付属品があります。

それはストラップです。ストラップは一眼レフカメラの付属品のなかで個性を表現するためのアイテムでもあり、好き嫌いがはっきり分かれるものです。

各メーカーから様々な製品が出回っている一眼レフカメラ用のストラップに関しては、なくても買取価格にはほぼ影響いたしません。

 

参考:一眼レフカメラの買取価格|買取ステーション

一眼レフカメラ買取コラム一覧