電話買取

査定

MENU

~~ 買取アイテム ~~

一眼レフカメラの買取価格

コラム詳細

カメラの処分には買取サービスがおすすめ!お得な利用方法とは?

今はカメラと言えばデジタルカメラが当たり前の時代。本格的な一眼レフカメラから、カメラや写真に詳しくなくても使える初心者向けのコンパクトデジタルカメラまで、様々なデジカメが販売されています。
フィルムカメラと違い、デジタルカメラはパソコンのように次々と新しい機種が発売され、手元にカメラがあっても新製品に買い換えることもあるため、使用していないデジカメが家に眠っているという方も多いのではないでしょうか。
そんな古いカメラの処分には様々な方法がありますが、なかでも買取サービスの利用がおすすめです。家にいながら買取を依頼できる宅配買取など、気軽に試せるサービスもあります。もし処分されずにそのままになっている中古カメラをお持ちなら、買取サービスの利用を検討してみてはいかがですか?

古いカメラの処分には買取サービスがおすすめ

長く使っていない古いデジタルカメラがご自宅に眠っていませんか?
廃棄処分にするには撮影したデータや個人情報の流出が気になりますし、地域のゴミ分別のどの種類に該当するのか悩むところ。
処分に困り、廃棄せずそのままになっているデジカメがあるなら、買取サービスの利用をおすすめします。
買取サービス以外の処分方法もご紹介しながら、買取サービスをおすすめする理由もご説明します。

カメラの主な処分方法と注意点

デジタルカメラの処分にはどのような方法があるのでしょうか。
まずは、主な処分方法と注意点をご紹介します。

・自治体でリサイクルする

古いデジカメを処分する場合、まず思いつくのはお住いの自治体でゴミとして処分を依頼する方法ではないでしょうか。
デジタルカメラをはじめ、ビデオカメラ、スマートフォンなどの小型の家電は、2013年4月に施行された「小型家電リサイクル法」に基づき、分別回収されています。公共施設などに設置された回収ボックスに投函したり、中古品を回収しリサイクルするイベントに不用品を出したりするなど、具体的な方法は自治体によって様々です。
自治体のリサイクルに出す場合は、あくまでも不用品をゴミとして処分することになるので金銭的なメリットはありません。

・家電量販店で下取りに出す

家電量販店では、不要なデジタルカメラの下取りサービスが行われていることがあります。
もし新しいカメラの購入を検討しているのなら、不要なデジカメを下取りに出すとその分新品のカメラが割引されるなど、お得に商品を手に入れることができます。
ただ、次のカメラの購入予定がない場合や、目当てのカメラの取り扱いがない場合にはこの方法は向きません。

・買取で処分する

カメラの処分において最も金銭的なメリットが大きい方法は、中古品を買取業者に買い取ってもらう方法です。
処分したいデジカメを買取依頼し、査定のを経て値段がつくと、次に買う商品の購入資金に充てることもできます。もちろん、買取の収入はカメラの購入以外に使うことも可能です。
デメリットとしては、デジカメの査定額に合意した後は返品が難しくなることが挙げられます。

買取をおすすめする理由

不要なカメラを処分する場合、先に挙げたよう方法のなかでもおすすめなのは、業者による買取サービスの利用です。買取にはどのようなメリットがあるのでしょうか。もう少し詳しくご説明します。

・買取に出してお金が入る

買取の最大の特徴は、不要なデジタルカメラを処分することでお金が手に入ることでしょう。使わずに置いてあった不要なデジカメを処分でき、その上収入も得られます。また、下取りサービスのように新しい商品を購入する必要はありません。

・高価買取が期待できる

中古品のデジカメであっても、人気商品には高値がつく場合があります。カメラの種類によっては10万円以上の価格になることも。
買取業者のホームページでは買取を強化している品番などを公開している場合もあるので、確認してみましょう。

・プロのスタッフから丁寧に査定してもらえる

オークションなどでは出品者と落札者の間のやり取りで中古品の値段が決まりますが、買取業者にカメラの買取を依頼した場合は、製品の査定は専門スタッフが行います。カメラなどの小型家電の価値をよく知るスタッフが丁寧に査定するので、安心して買取に出すことができます。

 

参考:一眼レフカメラの買取価格|買取ステーション

カメラの買取サービスを利用する方法

不要なデジタルカメラを買取に出す場合、どのように買取サービスを利用すればいいのでしょうか。
買取には大きく分けて、自宅にいながら買取を依頼できる宅配買取と、買取業者の店舗へ出向く店舗買取があります。その違いをご紹介します。

宅配買取

宅配買取は、宅配業者を利用して買取ができるサービスです。自宅にいながら不要なカメラを買取に出すことができます。
買取の申し込みはWebや電話で。宅配便で届く段ボールに買取希望のカメラを梱包し、買取業者へ送ります。
業者に商品が到着すると、通常3営業日以内で査定され、査定金額についての確認連絡が来ます。金額に納得できれば了承の返事をし、その後買取業者から速やかに入金されます。

店舗買取

店舗買取では、不要なカメラを持って買取業者の店舗へ直接出向き、その場で商品の査定を受けられます。利用者の都合のいい時に店舗へ行ってその場で査定金額を受け取ることができ、スピーディーな処理が魅力です。

 

参考:一眼レフカメラの買取価格|買取ステーション

買取ステーションで買取強化中のカメラ

Panasonic(パナソニック)

∟LUMIX DC-G9 ボディなど
∟高画質、手ブレ補正機能など多機能で使いやすく、人気が高いモデル

Canon(キヤノン)

EOS Kiss X7i EF-S18-55 IS  STM レンズキット
多彩な機能が魅力なEOS Kiss X7iはタッチパネル式のディスプレイで直感的な操作が可能です。初心者にも使いやすく、入門機として人気の商品です

EOS M100 EF-M15-45 IS STM レンズキット ホワイト
軽量・コンパクトで気軽に持ち歩けるミラーレス一眼レフの人気機種。
一眼レフカメラを使うのが初めてでも使いやすい、操作性のよいタッチパネルディスプレイ、デザイン性と機能性を兼ね備えたボディーも使いやすいカメラです。

Nikon(ニコン)

D800 ボディ
スタジオカメラに匹敵するほどの豊かな表現力を備えたD800は、高い解像感と繊細な質感描写、なめらかな階調表現が魅力。静止画、動画を問わず、プロフェッショナルのニーズを満たすデジタル一眼レフカメラです。

SONY(ソニー)

α57 ズームレンズキット DT18-55SAM 付属(SLT-A57K)
αシリーズのエントリーモデルながら上級者並みの写真が撮れる機能が盛り込まれた機種。以前のモデルに比べ、AFの追従性能と連写速度の向上で素早く被写体を捉えやすくなっています。

α7 II ILCE-7M2
フルサイズミラーレス一眼の人気機種。シンプルデザインの小型ボディに5軸手ブレ補正機構が備わったこちらは、フルサイズの入門機として最適な機種です。

 

参考:一眼レフカメラの買取価格|買取ステーション

家に眠っている不要なデジタルカメラは買取に出してみましょう

新しい機能に惹かれて新製品を購入してから全く使わなくなってしまったデジタルカメラがある、子どもが小さいころは学校行事などでよく使っていたけれども、最近はスマホのカメラで十分になってしまい一眼レフカメラが家に眠っている――。そんな方は、一度不要なカメラを買取に出してみてはいかがでしょうか。査定の結果、思わぬ値段がつくかもしれません。宅配買取などを利用すれば、それほど手間もかからず買取を依頼することができますよ。

 

参考:一眼レフカメラの買取価格|買取ステーション

一眼レフカメラ買取コラム一覧