電話買取

査定

MENU

~~ 買取アイテム ~~

一眼レフカメラの買取価格

コラム詳細

一眼レフカメラを使ったきれいな写真の撮り方

一眼レフカメラを使ったきれいな写真の撮り方

 

きれいな写真の撮り方

最近流行りの一眼レフカメラ・ミラーレス一眼は若い世代や女性にも人気があります。その人気から買取専門店では高価買取されることも多くなってきました。一眼レフカメラはスマートフォンやデジタルカメラとは違った撮影表現が可能です。比較的初心者でも扱いやすいエントリークラスの一眼レフカメラも増えていて、テクニックを掴むとより一層撮影するのが楽しくなります。

きれいな写真の撮り方として、一つ目は逆光を上手に使うということです。通常は撮影する時に逆光をさけて順光で撮影されるシーンがほとんどではないでしょうか。順光は被写体をはっきりと捉えるには効果的ですが、オーソドックスな写真になりがちです。二つ目は露出をオーバー気味・アンダー気味にしたハイキー・ローキー撮影をすることで、個性的な写真を比較的簡単に表現できます。

 

高価買取される一眼レフカメラは他にもこんな使い方が

印象的な写真を撮りたいなら「半逆光」を狙いましょう。「半逆光」は斜め後ろから光がさしている状態で、これを狙うだけで被写体を立体的に表現できますが、失敗すると被写体が暗くなってしまうので注意が必要です。

また、ハイキーは適正露出より意図的に明るく撮影することで、爽やかさや明るい雰囲気、幻想的な表現ができます。ただし、撮影したい被写体に対してのイメージが大切で、イメージに合わないとただの失敗写真になるので注意が必要です。

この二つのテクニックは共に簡単な設定で撮影できます。それはAE撮影(オートモードやA・S・Pモード等)時にプラス側に露出補正をするだけなので撮影自体は簡単ですが、何枚か補正量を変えて撮るといいでしょう。

一眼レフカメラはスマートフォンや小型のデジタルカメラよりセンサーサイズが格段に大きいので、写真に光を上手にとり入れるだけでひと味違った表現ができます。特にフルサイズと言われる一眼レフカメラはイメージセンサーがより大きいので、高画質・高精細な写真が撮れます。高価買取される一眼レフカメラにはイメージセンサーが比較的大きく、性能が高いものが多いです。デジタル一眼レフカメラは最新機種であるほど高価買取される傾向にあります。

 

一眼レフカメラはいろんな写真表現が楽しめる

一眼レフカメラが高価買取される理由として、レンズが交換できるので、さまざまな写真表現が楽しめることもあげられます。一眼レフカメラならではの表現といえばボケ味です。一眼レフカメラについている絞りを調整すると背景だけをぼかしたプロの写真のような表現が可能になります。まずは設定で絞り優先のモードに切り替え、絞りの開き具合を大きく(F値の数字を小さく)設定しましょう。あとはズームレンズの場合は望遠側にして、被写体に接近して撮影するだけです。これだけで上手に背景だけをぼかした魅力的な写真を撮ることができます。ボケ味を強調出来るのは一眼レフカメラならではでしょう。さらに、ISO感度を上手に調整することでダイナミックな表現も可能です。通常はISO感度をオートに設定することでブレの少ない写真を撮ることができます。ここであえて、ISO感度をマニュアル設定で100以下にし、絞りの開き具合を小さく(F値の数字を大きく)して撮影すると動きのある魅力的な写真にかわります。滝や水車など動きのある被写体に動きを出したいときに活用してみましょう。その際はシャッター速度が遅くなる分、手ブレに注意しましょう。

このように一眼レフカメラを上手に使うことでさまざまな写真表現が楽しめます。一眼レフカメラは高価買取されることが多いため丁寧に扱うことも大切です。もし手放す場合、少しでも高価買取してもらうためにも、カメラやレンズは清掃し、湿気・ホコリの少ない所に保管することが大切で、パッケージや付属品も失くさずにおくこともおすすめします。また、カメラ買取専門店を上手に選ぶのも高価買取のポイントとなります。

参考:一眼レフカメラの買取価格|買取ステーション

一眼レフカメラ買取コラム一覧