電話買取

査定

MENU

~~ 買取アイテム ~~

交換レンズの高価買取

コラム詳細

なぜ、望遠レンズは中古でも高く買い取られるのか?

中古で安く望遠レンズを買いたいと思う人が大勢いる

望遠レンズが中古で高く買取される最も大きな理由は、本来は高額なレンズでも中古市場に出ると「価格が安く」なるからです。

新品で望遠レンズとカメラ本体をセットで購入すると、かなりいい値段になりますが、中古のカメラショップで購入すると、同じ商品でも割安で購入できるからです。

つまり、何度か使った中古レンズやひとつ前の高級モデルの望遠レンズならば、定価で購入するよりも何割か安い値段で買うことができることもあるということです。

これからもっとカメラの腕を上げたいと思っている人は、常にワンランク上の望遠レンズを使用したいと思います。新品で購入するよりも中古で購入して技術を磨き、本当に自分の欲しい望遠レンズを購入するという人が多いのです。そのため望遠レンズは中古市場での需要も多く、多少高めに買取をしてもすぐに売れてしまいます。

買取業者としても早く売れるのならばそれだけ利益に繋がりますから、買取価格を高くしても欲しいと思うのです。

 

買い替え用の望遠レンズは商品の状態が良いから

望遠レンズが中古でも高く買取されている2つ目の理由として、中古でもキレイな状態の商品が多いからです。

カメラを趣味にしている人は多く、インスタグラムが流行っている現在ではこれからカメラを始めようと思う人もいるでしょう。

カメラ本体や望遠レンズには初心者向け、中級者向け、上級者向けの機種があり、初心者の人は段々とカメラや望遠レンズを買い替えて腕を磨いていくことでしょう。

買い替えの為に望遠レンズを買取に出す場合、短期間しか使用していない、或いは大切に使用していたことから非常に綺麗な状態で買取に出されることが多いのです。

元々望遠レンズは高価な為に、購入した人が丁寧に保管しているということも理由の一つです。

綺麗な状態で、きちんと動作をする望遠レンズは中古市場でも高く売れるので、それだけ買取価格も高くなるのです。

 

中古の望遠レンズを正しく査定できるスタッフがいるから

望遠レンズが中古でも高く買取される3つ目の理由は、買取専門店ならではの信頼できるスタッフが正しく査定をしているからです。

望遠レンズの買取専門店では、買取をする際に「A:新品同様 B:美品 C:良品 D:並 E:難あり F:ジャンク品」というように細かくグレード分けをします。

それぞれのグレードの定義ははっきりとしていて、美品は「多少の使用感があるものの、キレイな状態」、良品は「外見に多少の使用感があるものの、使用するに当たり問題はないもの」、並は「傷や汚れがあるが、動作に問題はないもの」等となっています。

これだけしっかりと査定されていると、中古で購入する側も目安が分かり易く、安心して購入できます。

中古でも目だったトラブルも少なく、お互い納得して望遠レンズを売買できることから、業者もそれだけ買取価格に上乗せしてでも在庫を欲しいと思うのです。

交換レンズ買取コラム一覧