電話買取

査定

MENU

ヘッドホン・イヤホンの買取価格

コラム詳細

イヤホンの種類はどれぐらいある?それぞれの特徴や選び方も紹介

音楽や動画の音声を周囲の人に迷惑をかけることなく効くために必要なもの、それがイヤホンです。今や音楽や動画の視聴に欠かせないイヤホンは、形状や接続形式の違いなどによって種類があり、特徴もそれぞれ異なります。

そのため、イヤホンの購入時にどのイヤホンを選べば良いのか、迷ってしまう方も多いのではないでしょうか。

 

そこで今回は、イヤホンの種類と種類ごとの特徴とメリット・デメリット、選ぶ際のポイントについて紹介します。

 

イヤホンを種類別に紹介!特徴やメリット・デメリットも

 

イヤホンにはさまざまな種類があり、当然ながら種類ごとに特徴やメリット・デメリットが異なります。イヤホンの種類は、主にイヤホンヘッドの形状と接続形式の違いで分けられます

 

イヤホンヘッドの形状
  • カナル型イヤホン
  • インナーイヤー型イヤホン
  • 耳掛けイヤホン

 

接続形式の違い
  • コード型イヤホン
  • Bluetoothイヤホン

 

ここでは、現在一般的に販売されているイヤホンの種類の、特徴やメリット・デメリットについて解説します。

 

カナル型イヤホン

カナル型イヤホンはヘッド部がイヤーピースと呼ばれる耳栓形状になっていて、耳の穴に直接差し込んで使用します。イヤホンの中で人気が高く、メーカー各社が多くの製品展開を行っている主流のタイプです。

 

メリット

耳・イヤホン間に密閉感があり、遮音性が高いため、イヤホンで問題になりがちな大きい音漏れが起こりません。低音や細かな音に対する表現力に富んでおり、音楽を楽しみたい方に適しています。

 

デメリット

長時間差し込んだままでいると耳がムレたり、痛みや疲労感を感じたりすることがあるでしょう。イヤーピースに耳垢が付着しやすいという特徴もあります。

 

インナーイヤー型イヤホン

イヤホンのヘッド部を耳の穴に引っかけて装着するタイプのイヤホンです。以前はイヤホンの主流でしたが、近年はカナル型に押されて減少傾向にあります。

 

メリット

イヤホン内部のドライバーユニットを大きくできるため、ダイナミックサウンドや高音域の表現が得意です。簡単に着脱しやすく、カナル型よりもムレ・痛み・疲労感を感じにくいです。

 

デメリット

カナル型に比べて低音の表現が弱くなっています。密閉性も低いため、音漏れしやすい点に注意しましょう。

 

耳かけイヤホン

イヤホンヘッドを耳の穴に入れず、耳の外側にイヤーフックを引っかけて装着するタイプのイヤホンです。装着時にイヤホンを耳の穴に直接入れないため、装着時に圧迫感を感じません。

 

メリット

イヤホンの固定力が高く、装着したまま動いても簡単には外れません。運動中でも音楽を聞きたい方におすすめです。耳の穴に負担をかけることなく音楽を楽しめます。

 

デメリット

大きなヘッド部は耳からはみ出てしまうため、音漏れが起こりやすい問題を抱えています。近年は人気が減少傾向にあり、ラインナップもそれほど多くありません。

 

コード型(ワイヤード)イヤホン

イヤホンヘッドから有線コードとプラグが伸びており、オーディオ機器など再生機器のイヤホンジャックにプラグを差し込んで使用します。Bluetoothイヤホンが登場する前までは、イヤホンといえば有線タイプであり、現在でも一般的なイヤホンとして人気です。

 

メリット

再生機器から電源供給されるため、バッテリー切れの心配がありません。有線接続は電気信号が安定しやすく、高い音質を楽しめます。

 

デメリット

使用中はコードを接続している必要があり、コードの届く範囲でしか動き回れません。コードは衝撃によって断線する可能性があるため、イヤホンを手荒く扱うと寿命が短くなります。

 

Bluetooth(ワイヤレス)イヤホン

再生機器とBluetooth接続でペアリングするタイプのイヤホンです。Bluetoothイヤホンは、再生機器と電波を介して無線接続するため、コードを気にせず好きな場所で音声を聞くことができます。

電源はバッテリーであるため、バッテリー切れすると動かなくなる点には注意しましょう。

 

Bluetoothイヤホンは、完全独立型・ネックバンド型・左右一体型の3タイプがあります。以下では、タイプ別のメリット・デメリットを紹介します。

 

完全独立型

イヤホンの左右を繋ぐフレーム・ケーブル類がなく、完全に独立しているタイプです。耳栓をするように左右のイヤホンを装着した際の、スタイリッシュなかっこよさが魅力です。

メリットデメリット
  • ケーブルの絡まりがなく、好きなタイミングですぐ装着できる
  • 収納性が高い
  • 充電容量の小さいモデルが多い
  • 小さく左右ごとに独立しているため、片耳のイヤホンを紛失するおそれがある

ネックバンド型

バッテリーなどが内蔵されているネックバンドから、イヤホンヘッド付きのケーブルが伸びたタイプです。ネックバンドを首にかけ、イヤホンを耳に装着して使用します。

 

メリットデメリット
  • 充電容量が大きいため、長時間使用できる
  • ヘッドホン装着時の安定性が高い
  • 運動中はバンドが外れる可能性がある
  • 首にバンドをかける感覚が苦手な方には向かない

 

左右一体型

左右のイヤホンをコードで繋ぎ、再生機器との接続をBluetooth化したタイプです。Bluetoothイヤホンの基本形であり、多彩な商品展開がされています。

 

メリットデメリット
  • Bluetoothイヤホン初心者の方もなじみやすい
  • コードは首の後ろにまとまるため、運動時の邪魔になりにくい
  • 使用中にコードが引っかかる場合がる
  • コードの露出部が長いため、断線の可能性がある

 

参考:ヘッドホン・イヤホンの買取価格|買取ステーション

イヤホンの選び方とは?

 

イヤホンは種類ごとに特徴やメリット・デメリットが異なるため、商品を見ただけで自分に最適なイヤホンを選ぶことはできません。

使いやすいイヤホンを購入するためには、イヤホン選びのポイントを知る必要があります。

最後に、イヤホンの選び方を、3つのポイントに分けて解説します。

 

自分が欲しい機能で選ぶ

近年のイヤホンは技術発展が著しく、さまざまな機能がついたイヤホンが登場しています。数多くある機能の中でもおすすめの機能は、ハイレゾ音源対応・防水・マイク内蔵・ノイズキャンセリングの4つです。

 

ハイレゾ音源対応

ハイレゾは、クリアな音質を楽しめる機能です。音源もハイレゾ対応となっている必要はあるものの、収録時の臨場感・環境音をイヤホンで再現することができます。

 

防水

防水機能付きのイヤホンは、屋外で使用したり入浴中に視聴したりといった使い方が可能となります。防水性能はIPX0~IPX8までの等級があるため、必要な防水効果と価格を見極めて選びましょう。

屋外の強い雨に備えるならIPX4、入浴中に使う場合はIPX7以上がおすすめです。

 

マイク内蔵

イヤホン内部に集音マイクが搭載されており、ハンズフリーで通話やチャットを行えます。イヤホンで音楽を聞くだけでなく、ビジネスにおける電話などにも使いたい方におすすめです。

 

ノイズキャンセリング

周囲の騒音をシャットアウトし、イヤホンのスピーカーから流れる音楽だけを快適に聴くことができる機能です。集中して音楽だけ聴きたいという方におすすめです。

 

使用するシーンで選ぶ

イヤホンの使用タイミングが決まっている方は、使用するシーンにあったイヤホンを選びましょう。イヤホンを使用する機会の多いシーンとしては、主に以下の3つがあげられます。

3つのシーンごとに重視すべきポイントを紹介します。

 

通勤・通学時

通勤・通学時は、イヤホンの音漏れと、外部の雑音に注意しなければなりません。音漏れしにくいカナル型で、ノイズキャンセリング機能付きの製品がおすすめです。

 

スポーツやランニング時

運動時に使用するイヤホンは、体の激しい動きでも外れにくいカナル型・耳かけ型が適しています。機能面では、汗ぬれや雨に強い防水機能が必要です。

機器との接続コードを邪魔に感じる方は、完全独立型や左右一体型のBluetoothイヤホンを検討しましょう。

 

長距離移動時

長距離移動の際には、長時間装着していても疲れにくい、自分の耳にフィットした軽量モデルのイヤホンがおすすめです。Bluetoothイヤホンを選ぶ際は、充電容量が大きい製品であればバッテリー切れの心配がありません。

ただし、飛行機で移動の際は、Bluetoothを使用できないケースがあるため注意してください。

 

メーカーで選ぶ

イヤホンの選び方には、メーカーで選ぶ方法もあります。おすすめのメーカーは、Apple・SONY・audio-technicaの3社です。

有名メーカーのイヤホンはデザイン性・機能性が高く、製品ラインナップも豊富に用意されています。不要になったイヤホンを買取してもらうときも、メーカー製のイヤホンは高額査定が期待できるでしょう。

 

参考:ヘッドホン・イヤホンの買取価格|買取ステーション

まとめ

イヤホンの種類は、イヤホンヘッドの形状・接続形式の違いにより、5つに分けられます。イヤホンヘッドはカナル型・インナーイヤー型・耳かけの3種があり、接続形式はコード型・Bluetoothの2種です。

イヤホン選びで迷った際は、欲しい機能や使用するシーン、メーカーで選んでみてはいかがでしょうか。イヤホンの用途や使用目的を考えることで、自分にあった製品を見つけやすくなります。

自分にあったイヤホンを探している方は、ぜひ参考にしてください。

 

参考:ヘッドホン・イヤホンの買取価格|買取ステーション

ヘッドホン・イヤホン買取コラム一覧