電話買取

査定

MENU

~~ 買取アイテム ~~

ヘッドホン・イヤホンの買取価格

コラム詳細

ヘッドホンを買取に出すときに必要なものとは

ヘッドホンの買取するときに必要なもの①

基本的にはヘッドホン本体があればOKです。

ワイヤレスタイプの場合は充電が必要なときもあるのでUSBケーブルや充電用のアダプターなどは必要になると思います。以前にもこちらで書いたことがありますが、購入したときについてくる保証書。これが無いと買取れませんという買取ショップもあるようですが買取りステーションは大丈夫です。保証書が無くても買取できます。

もしも保証書があるなら、購入されたときのレシートや納品書があると買取価格が高くなる可能性があります。但し、そのレシートや納品書にお客様の個人名などが入っていないことが条件となりますのでご注意ください。また保証書に有効期限が記載されていない場合はレシートや納品書が必要になります。

ほとんどのメーカーは保証期間が購入日から1年間となっていますので、購入されてから1年未満で売りたいと思った場合はレシートを探してみましょう。

 

参考:ヘッドホン・イヤホンの買取価格|買取ステーション

ヘッドホンの買取するときに必要なもの②

これは買取サービスを受けるときは必ず必要なものなのですが、買取が成立したときは身分証明書をご提示いただくことになります。

買取ショップはその身分証明書の写しをとって保管する義務がありますので、身分証明書は必ずご用意ください。但し、この身分証明書にも注意点があって、マイナンバーが記載されている住民票やマイナンバーカードは身分証明書として使えませんのでご注意ください。

 

参考:ヘッドホン・イヤホンの買取価格|買取ステーション

ヘッドホンの買取するときに必要なもの③

ここで何度も何度も書かせていただいたことです。ヘッドホンを売るときに必要なことは「ヘッドホンのお手入れ」です。

これがとても大切です。買取ステーションではハウジングなどの汚れはある程度拭けばとれるのですが、イヤーパッドやヘッドバンドについた匂いは意外ととれないので、オゾン消臭器などを使ったりしています。実は買取をさせていただく前にも匂いのチェックはさせていただいています。

匂いが原因で買取価格が安くなってしまうこともあるので、もしもこれからヘッドホンを売りたいと思っている方がいらっしゃいましたら、ここのお手入れは重点的にお願い致します。匂いをとるときの注意点としては、消臭剤などをヘッドホンにかけたりしないでください。イヤーパッドだけでなく他の部分にも付いていて、ご自分では分からないことも多いと思いますが、薄めた中性洗剤を染み込ませた柔らかい布などで拭いていただくのも有効だそうです。

どうしても匂いが取れないときはイヤーパッドなら交換してしまったほうが良いかもしれません。

 

参考:ヘッドホン・イヤホンの買取価格|買取ステーション

ヘッドホン・イヤホン買取コラム一覧