電話買取

査定

MENU

~~ 買取アイテム ~~

ブルーレイレコーダーの買取価格

コラム詳細

ブルーレイレコーダーを処分する方法|最新機種なら買取がおすすめ!

古いブルーレイレコーダーを使い続けているけど、そろそろ新しいものに買い換えたい。

新製品に買い換えたけれども、古いブルーレイレコーダーの処分の方法がよくわからずにそのまま放置している。

そんな方いませんか?

不要になったブルーレイレコーダーは、買取業者に買取依頼をするとお金に変わるかもしれませんよ。
ここではブルーレイレコーダーを処分する方法や買取を依頼するときの注意点などをご紹介します。

ブルーレイレコーダーを処分する方法

新しいものに買い換えるなどして不要になったブルーレイレコーダーを処分する方法にはどのようなものがあるのでしょうか。

代表的なものをご紹介します。

ゴミとして処分するか、リサイクルに出す

不要なブルーレイレコーダーを処分する方法としてまず思い浮かぶのは、ゴミとして処分する方法。

ですが、一番簡単なように見えて、実は手間のかかる方法でもあります。
というのも、ブルーレイレコーダーは小型家電リサイクル法の対象品目に該当する場合があるので、自治体によって回収品目・方法が異なるんです。

自治体の中には処分に費用が掛かる場合もあるので、まずは自治体のWebサイトでよく確認する必要があります。

住んでいる地域の小型家電リサイクル法対象品目の中にブルーレイレコーダーがない場合は不燃ごみとして処分をするのが一般的です。

ただサイズが大きい場合は粗大ゴミとしての処分が必要になる場合もありますので、処分する前によく調べておきましょう。

家電量販店などに下取りを依頼する

家電量販店の中には、不要なブルーレイレコーダーを下取りしてくれるところもあります。
ただ新しい商品へ買い換える場合に限るなど、店舗によって条件があるので事前によく確認してみましょう。

また、下取りの方法や料金についても、無料で引き取ってくれる場合や、対象の商品を購入すればあらかじめ定められた金額内で値引きしてくれるケースなどさまざま。

詳しくは、利用を検討している家電量販店のWebサイトを確認するか、店舗へ問い合わせてみましょう。

買取専門店の買取サービスを利用する

ブルーレイレコーダーは買取専門店でも買取を依頼することができます。

買取専門店では、査定専門のスタッフが品物の状態や相場に照らし合わせて査定をして買取価格を決定するので、適切な価格で買い取ってもらえます。

たとえ商品に傷がついていても、動作に問題がなければ買い取ってもらえる可能性もありますし、最新の機種であったり、付属品がそろっているもの、付属機能が付いているもの、HDDの容量が大きいものなどは高価買取も期待できるかも。

また、買取専門店によっては、店舗に商品を持ち込むだけでなく、宅配で査定を依頼することもできます。

宅配査定では、段ボールや送り状が業者側で用意されるため、売り手にかかる負担はほとんどありません。店頭で買取を依頼するときは、事前にメールやLINEなどを利用して商品の状態を送っておくと査定がスムーズに行われるので、買取交渉の時間短縮にもなるかも。

 

参考:ブルーレイレコーダーの買取価格|買取ステーション

買取ステーションで買取強化中のブルーレイレコーダー

ブルーレイレコーダーを高価買取してもらうには、買取専門店が買取強化している機種を査定に出すのがもっとも簡単。
ここでは買取ステーションで買取強化中のブルーレイレコーダーについてご案内します。

SHARP(シャープ)

AQUOS BD-NW510
自動で新作の連続ドラマを4週間分録画する「ドラ丸」機能を搭載。(録画番組のジャンルは変更可能)
外出先からスマートフォンで予約・視聴できる機能も装備。

SONY(ソニー)

BDZ-ZW500
同じくSONYの4K液晶テレビ「ブラビア」と組み合わせることで、「ブラビア」の性能を存分に引き出し高画質を実現する「4Kブラビアモード」を搭載。

東芝

REGZA DBR-W507
シンプルな3ステップで、本編部分だけを手軽にディスクに残せる「おまかせダビング」機能搭載。
「キーワード」や「ジャンル」を設定しておくと関連する番組を自動で録画してくれる「おまかせ自動録画」機能も魅力。

 

参考:ブルーレイレコーダーの買取価格|買取ステーション

ブルーレイレコーダーを処分する際の注意点

ブルーレイレコーダーを処分するときは、いくつか注意すべき点があります。
のちのちトラブルに巻き込まれないためにもよく確認しておきましょう。

処分する前に処理を行う

・B-CASカード
ブルーレイレコーダーゴミとして捨てたり、買取に出したりする場合は、付属しているICカード「B-CASカード」の返却または処分が必要です。

B-CASのカスタマーセンターに連絡して返却するか、切断して破棄しましょう。
ただし、B-CASカードを外して買取に出した場合、カード発行の手数料が引かれる可能性がありますので、事前にB-CASのカスタマーセンターに連絡し、「使用者変更の申請」をあらかじめ行ってB-CASカードを付けたまま買取に出すこともおすすめです。

・HDDのデータ
ブルーレイレコーダーの録画データは買取依頼前に消去しておきましょう。
ブルーレイレコーダーが壊れてデータを消去できない場合は、買取や処分に出す際、消去も合わせて依頼しましょう。

買取を依頼する場合は早めに依頼する

ブルーレイレコーダーの買取価格を決める大きな要因は、その商品の機種が新しいかどうか。
ブルーレイレコーダーは新製品が発売されるサイクルが、ほかの家電製品と比べて早い傾向にあるので、年数を重ねて製品が古くなるほど、買取額は下がる可能性が高くなります。

高価買取を狙うためにも、手元のブルーレイレコーダーを使わないと判断したら、早い段階で買取専門店に持ち込むのがベターでしょう。

 

参考:ブルーレイレコーダーの買取価格|買取ステーション

不要なブルーレイレコーダーはなるべく早めに買取に出して現金化を!

早いサイクルで新製品が登場するブルーレイレコーダー。

新しい商品を購入したものの、以前から使っていたブルーレイレコーダーも特に不都合なく使えているのであれば、なるべく早めに買取査定に出しましょう。

ゴミに出そうと思っていたものが、意外な高値で買い取られるかもしれません。

不用品の買取が初めて、というときも大丈夫。買取専門店なら商品知識豊富なスタッフが対応してくれるので安心してさてを任せられますよ。

 

参考:ブルーレイレコーダーの買取価格|買取ステーション

ブルーレイレコーダー買取コラム一覧