電話買取

査定

MENU

宅配買取など
買取に関する
コラム集

家の片付けで出た不用品は買取可能?お金をかけない簡単な処分方法

断捨離などで家を片付けると、たくさんの不用品が出ることがあります。中には処分に困る大型の家具・家電や、「捨てるくらいなら売ってお金にしたい」と思うコレクションなど、簡単に捨てられないものもあるでしょう。

家の片付けで出た不用品は自分でも処分できますが、出張買取を選ぶという方法もあります。しかし、出張買取は便利である半面、悪徳業者も存在するため、家の片付けで出た不用品の処分は業者選びが重要です。

今回は、自分で不用品処分する場合と出張買取を利用する場合のメリット・デメリット、家の片付け時に買取業者を選ぶポイントを解説します。

家の片付けに伴う不用品処分は自分でやるべき?

 

家の片付けで出た大量の不用品は、自分で処分することが可能です。自治体の無料回収を活用するなど、家の片付けで出た不用品を自分で処分すれば、余計な費用はかかりません。地域にもよりますが、家庭ゴミは1回につき2~3袋までが無料回収の対象となります。

しかし、家の片付けで出た不用品を通常の家庭ゴミとして出す場合は、自治体のルールに従って分別したり規定量内に収めたりしなければなりません。ゴミ置き場まで運ぶ労力がかかるうえ、中には自力で処分できないものもあります。コストはかからないものの、家の片付けで出た不用品処分を自分で行う方法には、それなりの手間と時間がかかります。

リサイクルショップは買取不可の場合がある

サイズの合わない服や買い替えで不要となった電化製品など、「まだ使えるものを捨てることはもったいない」と思う方の中には、リサイクルショップに買取を依頼する方もいるでしょう。

リサイクルショップへ不用品を持ち込むときは、安値で買い取られるだけでなく、価値があるものでも買取価格がつかない可能性がある点に注意してください。

幅広いアイテムを取り扱っているリサイクルショップの場合、通常は高額で取引される価値があるものでも、「古いから」という理由だけで買値がつかないことがあります。

不用品の価値を理解した上で高値で買い取ってほしいときは、買取専門店を利用しましょう。

参考:一眼レフカメラの買取価格|買取ステーション

家の片付けで出た不用品は出張買取がベスト?

家の中で大量の不用品が出たとき、自力で片付けることが最もお得とはならないこともあります。たとえば、テレビ・洗濯機・冷蔵庫・エアコンの処分時は1,000円~10,000円のリサイクル料金を支払わなければなりません。また、大型の不用品を家の外に自力で運び出すことは大変です。

自分で不用品を処分する時間や手間を省きたいときは、出張買取を利用することもひとつの手段です。

出張買取とは

 

出張買取とは、業者が自宅まで来てその場で査定・買取・引き取りを行ってくれる買取サービスを指します。出張買取を利用するときの基本的な流れは、以下のとおりです。

(1)買取の依頼 電話などで業者に連絡して、訪問日時を決めて不用品を説明する
(2)業者の訪問 指定した日時に業者が来訪し、その場で査定を行う
(3)査定額の決定 業者から提示された査定額を確認する
(4)支払い・回収 査定額の現金を受け取り、不用品を引き渡す

出張買取では、査定額について不明点があればその場で質問でき、提示された査定額を踏まえて買取を依頼するかどうかを決定できます。

出張買取業者に依頼するメリット

出張買取を利用するメリットは、以下のとおりです。

・店舗まで自力で持ち込む必要がない

・持ち運べないものも査定してもらえる

・不用品をその場で現金化できる

出張買取を利用すれば店舗まで不用品を自力で運ばずに済むため、自宅から店舗が遠いときや重いものを買い取ってほしいときに便利です。精密機器など持ち運び時の振動で故障する恐れのある不用品も、万全の状態で査定を受けることができます。

また、最短で申し込んだその日に査定を受けることができるため、「すぐにお金がほしい」というときにも出張買取を活用できるでしょう。

出張買取業者を利用するデメリット

出張買取はメリットがあるものの、以下のデメリットがあることも事実です。

・買取価格が低くなるケースが多い

・買取価格に納得できなくても断りにくい

・回収料金や追加料金が発生することがある

・中には悪徳業者もいる

出張買取は申し込む側の交通費が発生しない代わりに、買取業者側の人件費・ガソリン代・駐車場代・維持費などが発生します。買取業者の経費を含めて査定額は決定されるため、買取価格は低くなる傾向にあります。

買取業者のスタッフと対面してやり取りすることから、買取価格の低さに納得できなかったり予想外の追加料金が発生したりしても、面と向かって買取を断りにくいこともデメリットです。

また、中には「もっと多くの品物を出してくれないと帰らない」と居座ったり、音響機器などの製品の状態を正確に確認しないまま買取価格を決めたりする悪徳業者もいます。

そうした悪徳業者に出張買取を依頼してしまうと、製品本来の価値をきちんと査定せずに不当に安い値段で買い取られる恐れがあります。

参考:交換レンズの高価買取|買取ステーション

家の片付けで買取業者を選ぶポイント

 

家の片付けで出た不用品の処分を買取業者へ依頼する場合は、業者の選び方が重要です。悪徳業者を避けることによって、理不尽な買取価格をつけられたり、売りたくないものまで手放したりするトラブルを避けられます。

買取業者選びのポイントは、以下の2点です。

・古物商許可証を得ている業者か

不用品を売買するためには、「古物商許可証」が必要です。古物商許可証を得ずに営業することは違法であり、無許可の買取業者はトラブルが多発する傾向にあります。安心して買取を依頼できるよう、古物商許可証を得ているかどうか必ず確認してください。ホームページなどに古物商許可証を得ている旨が掲載されていれば、信頼できる買取業者であると言えるでしょう。

・丁寧なサービスを行っている業者か

電話で問い合わせたときにスタッフは丁寧な対応か、質問には真摯に答えてくれるか、他社と比べて強引な営業はないかチェックしましょう。複数店舗を展開している会社は店舗ごとに評判が異なることがあるため、ひとつの店舗の印象だけで判断しないことが大切です。問い合わせ時の応対が丁寧であれば、良質な買取業者である可能性は高くなります。買取業者で行っているサービス内容や口コミ情報もしっかりと確認してください。

宅配買取はこちら

買取ステーションは宅配買取が可能

買取ステーションは、古物商許可証を取得した買取専門店です。初めて利用した方が「もっと早く売ればよかった」と思うほど顧客満足度が高いことが特徴です。

家の片付けで出た不用品の中でも、プロジェクター・ヘッドホン・イヤホン・一眼レフカメラ・交換レンズ・ブルーレイレコーダー・BOSE製品であれば、宅配買取を依頼できます。

宅配買取には、以下のようなメリットがあります。

・宅配買取は無料で利用できる

買取ステーションの宅配買取では、査定料・配送料・キャンセル料・キャンセル時の返送料・買取金額の振込手数料がすべて無料です。重いものや大型のものを無料で送ることができるため、費用的な負担がかかることはありません。

・知らない人を家に上げる必要がない

出張買取の場合、買取業者のスタッフという知らない人を招き入れる必要があります。その点、宅配買取であれば買取業者のスタッフが自宅に来ることはなく、安心してサービスを利用することができます。

・自分の都合のよいときに買い取ってもらえる

宅配買取を利用すればコンビニや郵便局から不用品を発送できるため、仕事帰りの遅い時間帯にも梱包・発送が可能です。自分の都合のよいときにダンボールに不用品を詰めて送るだけのため、いつでも気軽に売ることができます。

買取を依頼する前に査定額を知りたい方は、LINE査定や写メ査定の利用がおすすめです。どちらも写真を撮って簡単な情報を入力するだけで、大まかな見積もり金額が分かります。

家の片付けで出た不用品を手軽に売りたい方は、簡単に査定を依頼できる買取ステーションをぜひ利用してみてください。

まとめ

家を片付けて出た不用品は、自分で処分することもできますが、リサイクルショップや出張買取で売ることも可能です。ただし、リサイクルショップは価値のあるものでも買値がつかない・出張買取は買取価格が低くなりやすいというデメリットがあります。

プロジェクター・ヘッドホン・イヤホン・一眼レフカメラ・交換レンズ・ブルーレイレコーダー・BOSE製品を高値で売りたいときは、買取ステーションを利用してみましょう。

買取ステーションは宅配買取に対応しており、専門スタッフが丁寧に査定します。まずはLINE査定や写メ査定で買取価格がいくらになるのか、確認してみてください。

参考:一眼レフカメラの買取価格|買取ステーション

宅配買取はこちら

宅配買取など買取に関するコラム集一覧