電話買取

査定

MENU

宅配買取など
買取に関する
コラム集

遺品整理業者の選び方|活用するメリット・デメリットと料金相場

家族や親族を亡くした場合、故人が使っていた日用品や故人宅にある家具・家電など、様々な物品を整理する必要があります。近年では、遺品整理を専門とする遺品整理業者が増加したこともあり、業者への依頼を検討している方も多いのではないでしょうか。

当記事では、遺品整理業者の選び方を解説します。選ぶ際に押さえるべき遺品整理業者の特徴や、活用するメリット・デメリット、料金相場など様々な基本情報を紹介した内容です。遺品整理業者を利用しようと考えている方は、ぜひ参考にしてください。

遺品整理業者の特徴

遺品整理業者とは、故人の自宅にある遺品を、故人の家族と相談しながら整理する業者のことを指します。不要となる物品の処分に加え、遺品の供養や特殊清掃など、遺品整理に関する様々な事柄をサポートするサービスです。

遺品整理業者は不用品回収業者と混同されがちですが、両者には大きな違いがあります。以下で、両者の違いを明確にしつつ、遺品整理業者の特徴を把握しましょう。

遺品整理業者と不用品回収業者の違い

遺品整理業者と不用品回収業者の主な違いは、下記のとおりです。

遺品整理業者 不用品回収業者
業務内容 ・不用品の処分

・貴重品などの分類も応相談

・遺品供養

・特殊清掃

・生前整理や老前整理も対応する業者有

・不用品の処分
物品への対応 ・遺品として依頼者の気持ちを慮った対応 ・不要なものとして対応
業務範囲 ・故人の死臭が残存した状況も対応可 ・左記状況は非対応

遺品整理業者と不用品回収業者の大きな違いは、業務内容として対応できる範囲の広さです。基本的に、不用品回収業者は要らなくなった物品の回収・処理を業務としています。

一方、遺品整理業者は、遺品整理の専門家です。物品の分類や貴重品の探索など、依頼者の相談に応じて様々なサービスを行います。遺品供養や特殊清掃などは、遺品整理業者特有の業務内容です。

オプションでハウスクリーニングや家屋の解体を請け負う業者もあり、幅広いサービス範囲が魅力です。

また、遺品整理業者の物品への対応は、依頼者の故人への気持ちに配慮して行われます。処分品であっても、粗雑に扱うことはありません。親族を失い、整理のつかない依頼者の気持ちを汲み取り、丁寧かつ慎重な対応をしてくれます。

参考:一眼レフカメラの買取価格|買取ステーション

遺品整理業者を活用するメリット・デメリット

故人の遺品を整理する際には、自身で処分・整理を行うか、遺品整理業者に依頼するか迷ってしまうことでしょう。

ここでは、遺品整理業者を活用するメリットとデメリットを紹介します。メリットとデメリットの両方を知り、自身にとって最適な方法を選択してください。

  • 遺品整理業者を活用するメリット

遺品整理業者を活用すると、下記のようなメリットがあります。

1 短時間で遺品整理ができる
2 相続・空き家について相談できる
3 遺品を供養してもらえる

遺品整理業者を活用する大きなメリットは、遺品整理を短時間でできることです。大型の冷蔵庫や家具の運び出し、ゴミの分別など、遺品を自身で整理するとかなりの時間がかかります。しかし、遺品整理業者に依頼すると、短ければ1日で遺品整理を終えることが可能です。

また、遺品整理業者は遺品整理のスペシャリストであるため、相続や空き家の対応などを相談することができます。仏壇や神棚などの遺品供養も可能であり、遺品整理に関わるあらゆることを依頼できる点は、大きなメリットです。

  • 遺品整理業者を活用するデメリット

一方で、遺品整理業者を活用すると、下記のようなデメリットがあります。

1 自分で整理するより費用がかかる場合がある
2 気持ちの整理をなかなかつけられない
3 価値ある品物を安価に買い取られてしまうケースもある

遺品整理業者を利用するデメリットは、自分で整理するより費用がかかってしまう場合があることです。そのため、業者へ依頼する際には、短縮できる時間・作業と費用の費用対効果を考える必要があるでしょう。

また、遺品整理には、故人を偲ぶ時間的な猶予を与えてくれる側面がありますが、業者に依頼すると遺品整理が短時間で終了するため、気持ちの整理がつきにくいことが難点です。

さらに、遺品を買い取ってもらう場合、他の業者よりも安価となるケースがあります。また、価値のある品をタダで引き取られることもあるため、思い入れのある品やカメラ・レンズなどを売りたいときは、買取専門店を利用することがおすすめです。

参考:一眼レフカメラの買取価格|買取ステーション

遺品整理業者の料金相場

遺品整理業者の料金相場は、故人宅の間取り・広さによって異なることが一般的です。また、処分品の量や作業時間、作業員数によっても、料金相場は上下します。

ここでは、一般的な遺品整理業者の料金相場を、故人宅の間取りごとに紹介します。

間取り 料金相場
1K 30,000~60,000円
1LDK 60,000~150,000円
2LDK 90,000~230,000円
3LDK 140,000~350,000円

上記は、貴重品・処分品の仕分け作業や貴重品の捜索、不用品の回収・処分などのサービスを含んだ概算料金です。

料金は部屋数や広さで決まることから、3LDKの家のうち1部屋だけ依頼する場合は、一般的に1部屋分の料金で計算されます。

参考:一眼レフカメラの買取価格|買取ステーション

良質な遺品整理業者の選び方3つ

良質な遺品整理業者を選ぶためには、いくつかのポイントがあります。特に、見積の方法や追加料金の有無、遺品整理士などの専門資格者の在籍などは、大切なチェックポイントです。

業者選択で後悔しないために、以下で紹介する3つのポイントを事前に確認しましょう。

現地で見積をしてくれる

遺品整理業者を選ぶ際には、現地での訪問見積を実施する業者かチェックしましょう。遺品整理の料金は部屋の広さや処分品の量によって変わるため、現地を実際に見た上での見積が

欠かせません

業者によっては、現場で遺品整理士が対応してくれるケースもあります。専門的な知識のある資格スタッフが対応することにより、安心感のある遺品整理が可能です。

仏壇や神棚の合同供養など、素人では判断がつかないことも相談することができます。

近年では、多くの業者が無料で現地視察を行い、見積を提示してれます。後で料金のトラブルとならないよう、事前に現地見積を実施している業者かどうか確認しておきましょう。

追加料金が発生しない

現地見積の確認とともに、追加料金に関する事項も大切なチェックポイントとなります。遺品整理業者を選ぶ際には、公式ホームページや会社資料に追加料金が発生しない旨が明記されているか確認してください。

なお、サービス内容には、基本料金に含まれる作業とオプションとして別料金が必要な作業が存在します。一般的に基本料金に含まれる作業は、下記のとおりです。

基本料金に含まれる作業例
・貴重品や処分品の仕分け作業

・貴重品の捜索

・不用品の回収・処分

 

このほか、放置された庭の草刈りや建物の養生、廃車手続きの代行など、遺品整理に関連する作業を代行する業者が存在します。作業の料金形態をしっかりと把握し、双方で未確認の料金が発生しないよう注意してください。

基本的に良質な遺品整理業者は、後のトラブルを考えて慎重な見積と契約締結を行います。もし、追加料金について明言を避けるようであれば、別の業者を検討するほうが無難でしょう。

遺品整理士の資格を持っている

良質な遺品整理業者には、遺品整理士資格保有者が在籍している傾向があります。遺品整理士は、遺品整理士認定協会が認定する民間資格です。遺品に関する法律、遺品供養に関する知識など、遺品整理に関する幅広い知識を有しています。

遺品整理士資格を持っている業者であれば、不用品の処分や相続などの法的な部分も、安心して任せることができます。また、専門的な知識を持っているため、相続や空き家などへの対応方法にも相談に乗ってくれるでしょう。

遺品整理士資格の有無は、業者の公式ホームページなどでも確認できるため、事前にチェックしてください。

参考:一眼レフカメラの買取価格|買取ステーション

まとめ

遺品整理業者は、故人の遺品整理を専門とする業者です。不用品回収業者と異なり、貴重品の選別や特殊清掃までサービス範囲とし、遺品を丁重に扱ってくれます。また、短時間で整理が終了し、相続など専門的な相談ができる点もメリットです。

ただし、遺品整理業者の場合、価値のある品でもタダで引き取られたり、安く買い取られたりすることがあります。遺品を売却するのであれば、遺品の買取に対応している買取専門店を利用しましょう。

遺品整理業者の料金は、故人宅の間取りや処分品の量などで決まります。現地見積や追加料金など、選び方のポイントがあるため、事前に精査して業者選択を行ってください。

LINE査定はこちら   

宅配買取はこちら

宅配買取など買取に関するコラム集一覧