電話買取

査定

MENU

宅配買取など
買取に関する
コラム集

LINE査定を利用するメリット・デメリットと高価買取のコツを紹介!

「ブランド品や限定品などの品物を、買取査定を業者に依頼したい」と考えたとき、ひと昔前までは直接店舗へ持ち込むことが一般的でした。

しかし、インターネットが普及した近年では、コミュニケーション・トークアプリの代表格である「LINE」を使って査定することが可能です。

LINEを使って査定を行う「LINE査定」は、スマホ1つで査定することができるため、非常に便利なサービスである反面、いくつかのデメリットや注意点もあります。

 

今回は、LINE査定を利用するメリット・デメリットや注意点、さらに高価買取のコツについて解説します。

品物の買取依頼において、LINE査定の利用を考えている方は、ぜひ参考にしてください。

LINE査定とは?

LINE査定とは、LINEアプリを通じて査定スタッフに商品を査定してもらうサービスのことです。LINEアプリで送った商品の写真をもとに買取金額が査定され、トーク上で査定金額を提示してくれます。

店舗に足を運ぶことなく査定を行うことができるため、忙しくてなかなか店舗に持ち込めない方も利用できる、非常に便利なサービスです。

また以下のような悩みを持つ方は、LINE査定に向いていると言えます。

  • LINEアプリで査定のやりとりをしたい
  • スマホで簡単に依頼したい
  • 家にいながら、査定金額を知りたい
  • 商品の状態の悪さが気になる
  • 限定版のようだが、自分では判断できない
  • 仮査定ではなく、ほぼ確定の査定金額を知りたい
  • 店舗に足を運ぶ面倒を省きたい

最近では、LINE査定を取り入れている店舗も増えています。

上記のような悩みを持っている方は、LINE査定について知っておくことをおすすめします。

LINE査定はこちら

LINE査定を利用するメリット・デメリット

「簡単に商品を査定してもらいたい」という方に便利なLINE査定ですが、もちろんデメリットも存在します。

ここでは、LINE査定を利用するメリット・デメリットについて解説します。

【メリット】

  • スマホだけで簡単に査定してもらえる

LINEアプリを使って、メッセージのやりとりやアイテムの撮影を行うため、スマホさえあれば簡単に査定してもらえることが可能です。

売りたい品物のメーカーや品番(型番)がわからない場合は、メーカーや品番(型番)と思われる箇所の写真を送ると、査定しやすくなります。

また、氏名や住所を記載する必要がなく、匿名性もあるため気軽に問い合わせすることができます。

  • メッセージのやりとりのみで完結する

基本的にLINE査定では、LINEアプリを使ってメッセージのやりとりを行うだけで査定が完了するため、店舗に足を運ぶ必要がありません。

査定を行う際にアイテムを店舗まで運ぶことは、非常に面倒でしょう。

しかしLINE査定であれば、面倒な工程を省くことができるため、気軽に利用することができます。

  • 買取業者からの返信が早い

これまで多く利用されていたメールでの問い合わせなどは、返信がくるまである程度の時間を要することが当たり前でした。

しかしLINEアプリでは、メッセージを送ると比較的短時間で買取業者から返信が返って来ます。

そのため、問い合わせ後に返信を待つ必要がなく、スピーディにアイテムの買取を依頼することができます。

 

【デメリット】

  • 査定するために写真撮影する必要がある

気軽に査定をすることができるLINE査定ですが、査定するためには写真撮影をしなければなりません。

買取業者が商品写真を認識できず、場合によっては写真の撮り直しをお願いされることもあります。

また写真を撮影後、買取金額を出してもらえないケースもあります。

ただし、コツを知っておけば問題ありません。

  • 提示された査定額と実際の査定額が異なるケースがある

LINE査定では買取業者が実物の商品ではなく、写真を見て査定額を提示します。

カメラ性能が飛躍的に上がった現在でも、実物と異なる箇所がある可能性は0ではありません。

そのため、LINE査定で提示された査定額と実際の査定額が異なるケースがあります。

LINE査定はこちら

LINE査定の流れと高価買取してもらうためのコツ

 

 

LINE査定の流れを簡単に説明すると、以下の通りです。

STEP1 コードもしくはIDを使って、買取依頼先を友だちリストに追加する
STEP2 査定してもらいたい商品を撮影する
STEP3 写真をLINEアプリで送付
STEP4 買取業者からトーク上で査定額が提示される
STEP5 商品を売る場合は、買取店と交渉
STEP6 成約

 

買い取ってもらいたい品物の写真を送る際は、メッセージ内容にて以下の情報も一緒に伝えておくと、よりスムーズに査定をしてもらえます。

  • メーカー名・型番
  • 購入時期
  • 付属品の内容

また、LINE査定で高額買取してもらうためには、STEP3の撮影・写真送付時に、いくつかのコツを実践することが大切です。

ここからは、高価買取してもらうためのコツを3つ紹介します。

明るい場所でピントを合わせて撮影する

まずは、明るい場所で撮影するようにしましょう。暗い場所よりも明るい場所の方が、綺麗な写真を撮影できます。

後から加工で写真を明るくすることもできますが、撮影の時点で調整しておいた方が後の作業は楽です。

さらに、加工が施された写真よりも、無加工で綺麗な写真の方が査定額も期待できます。

また撮影する際には、ピントが商品に合っているかを確認してからシャッターを押すように注意しましょう。

写真がブレてしまうと、商品の状態が正確に伝わらず、相場に比べて査定額が低くなってしまう可能性があります。

傷・消耗箇所・付属品も撮影する

傷・消耗箇所は、わかりやすく撮影しておくことによって、より正確な査定結果を出してもらえます。

逆に傷や汚れ、消耗箇所を写さずにLINE査定を終えると、実際の査定額が非常に下がってしまうケースがあるため注意しましょう。

また、アイテムの付属品がある場合には、すべて撮影して送ることをおすすめします。

ブルーレイレコーダーを例に出すと、箱や冊子、保証書の有無などによって、査定額は大きく左右します。

付属品によって査定額が変動する可能は高いため、必ず付属品も一緒に撮影するようにしましょう。

品物の詳細をメッセージで伝える

写真の撮影に気を遣うことで、何も手を加えない場合に比べて、より正確にアイテムの状態を買取業者の方に伝えることができます。

しかし、どうしても写真だけでは情報が伝わないケースもあります。

そのため、アイテムの写真にメッセージを添えて詳細を伝えるようにしましょう。

例えば、以下のような項目です。

  • 購入時期
  • 商品状態
  • 傷・消耗箇所

このように詳細を伝えることで、より具体的な査定額の確認ができます。

また、相場価格と実際の査定額の乖離も少なくなります。

LINE査定を利用する際の注意点

最後に、LINE査定を利用する際の注意点を2つ紹介します。

  • 他の業者と比べて高額査定されている場合がある

LINE査定ではメッセージでやりとりしていた際の査定額と、実際の査定額が異なることも少なくありません。

実際の査定額との乖離を防ぐためには、買取業者が提示してきた査定額をすべて鵜呑みにはせず、自身でも相場価格を調べておきましょう。

相場に比べて高額すぎる査定額を提示してきた業者は、なるべく信頼しないようにしてください。

  • 店舗によっては査定に年齢制限がある

店舗によっては18歳未満の方は利用できないなど、年齢制限があるケースがあります。

そのため18歳未満の方は、LINE査定を依頼する前に年齢制限を設けている店舗か確認しましょう。

年齢制限を設けている店舗であった場合、自身では査定・買取を依頼することができないため、両親や親族などに相談しましょう。

まとめ

LINE査定は、従来の査定依頼とは異なり、気軽に利用することができるサービスです。

写真を送るだけで査定してもらえるため、これまで店舗に商品を持ち込むことを面倒に感じていた方にとっては、非常に便利なサービスとも言えます。

しかし便利な反面、注意点を押さえていなければ、自分の希望通りの金額で買取してもらうことは困難です。

スムーズにLINE査定で買取を依頼するためにも、ぜひここまで紹介した内容を参考にしてください。

LINE査定はこちら

宅配買取など買取に関するコラム集一覧