電話買取

査定

MENU

宅配買取など
買取に関する
コラム集

宅配買取を利用した際のメリット・デメリットとは?

宅配買取とは、自宅から買取ってもらうものを買取先に送り、査定・買取を行ってもらうサービスです。ネット通販と同様に自宅にいながら全てが完結する宅配買取は、メリットが多く非常に便利なサービスですが、当然ながらデメリットも存在します。

宅配買取のサービスを利用する際には、メリットだけでなくデメリットもしっかりと把握しておく必要があるでしょう。

そこで今回は、宅配買取を利用した際の代表的なメリット・デメリットについて、詳しく解説します。対策が可能なデメリットについては対策方法も紹介するため、これから宅配買取を利用しようと考えている方は、ぜひ参考にしてください。

買取業者をご検討中の方はコチラもあわせてご参考ください。

 

宅配買取を利用した際のメリット

宅配買取には、店舗買取とは違った様々なメリットが存在します。宅配買取を利用した際のメリットとは、店舗買取に比べて買取にかかる手間暇や心理的な負担が格段に少ないこと、高額査定に期待ができることなどです。

ここでは、宅配買取を利用することで得られる代表的なメリットを、4つに分けて紹介します。

買取ってもらうものを自ら持ち運ぶ必要がない

宅配買取で真っ先にあげられるメリットは「買取ってもらうものを自ら持ち運ぶ必要がない」ということにあります。

不用品の買取を希望する際、大量の書籍やCD、DVDなどのかさばる上に重量もある品物は、店舗へ持ち込むだけでも一苦労です。バッグや箱付きのフィギュアといった一度に運べる量が限られているものも同様に、何度も往復するか日を改めるなど時間と体力が必要となります。

また、精密機械などは運搬の際に破損する可能性もあるため、取り扱いには注意が必要です。

宅配買取であれば、宅配業者が行っている無料集荷を利用することで、自力で店舗まで持っていく必要がなくなります。宅配買取は、重量がある品物やかさばる品物を売りたいときや、車を所持していない方には特におすすめの手段です。

 

通常より高く買取ってもらえる可能性がある

宅配買取の場合、店舗を維持することで発生する人件費や光熱費、家賃料金などが必要ありません。最低限の拠点を構えるだけで、日本全国の顧客を買取りの対象として運営できるため、必要経費を最小限に抑えることが可能です。

浮いた分の店舗コストを買取額に還元している店舗も存在することから、宅配買取では店舗買取型の相場よりも査定価格が高くなる傾向にあります。

店舗に出向く必要がなく自宅で作業が完結する

宅配買取では「店舗に出向く必要がなく自宅で作業が完結する」ということも、大きなメリットの一つです。

店舗買取型のお店では、前述したように品物を持ち運ぶ手間だけではなく、往復にかかる移動時間や交通費、査定の待ち時間といったものが発生します。宅配買取の場合は品物を発送したあとは査定結果が届くのを待つだけです。

また、自宅から近いお店が一番高い値段を付けるとは限らないため、より高額の買取を望む場合は、複数の店舗を回って見積もりをとる必要があります。

宅配買取であれば、申し込みも電話やインターネットで済み、利用したい店舗が決まったら宅配便で送るだけです。日本全国のどこに店舗があろうと、自宅での作業だけで全て完結します。

買取額に不満があった場合でもキャンセルしやすい

査定された金額に不満を持っても、担当者と対面した状態では中々キャンセルを言い出せないという方もいます。宅配買取であれば、簡単なメールのやり取りやクリック一つで済むことが多く、その場の雰囲気に流されず冷静にキャンセルすることが可能です。

査定金額が希望通りではなかった場合や途中で気が変わった場合でも、気軽にキャンセルできることは、買取サービスを利用する際の大きな安心材料となります。

 

参考:宅配買取で全国対応の買取ステーション

宅配買取を利用した際のデメリット

ここまで紹介してきたとおり、宅配買取には様々なメリットが存在しますが、当然ながらデメリットも存在します。

ここからは、宅配買取を利用した際に発生しやすいデメリットについても、4つに分けて紹介します。それぞれの対策方法も説明するため、ぜひ参考にしてください。

送るものが大きすぎると利用できない場合がある

宅配買取は大変便利なサービスですが、そもそも送るものが大きすぎると利用できない場合があります。

宅配買取はその名のとおり各運送会社の宅配サービスを利用するため、宅配便で送ることができないサイズものは、当然ながら店舗に届けることができません。

また、運送会社が取り扱いできないもの、と指定されているものも同様です。

例えば、戸棚やソファ、洗濯機や冷蔵庫といった大型の家具や家電類があげられます。他にも、バッテリーのように製品内に劇物指定されているものが含まれている品物、仏壇や貴金属類といった品物も多くの店舗で対象外となっています。

通常の宅配便で送れないものに関しては、宅配買取ではなく出張買取のサービスを利用した方が良いでしょう。

送る量が多い場合は梱包に苦労する

宅配買取を利用する際、買取対象の品物は全て自分で梱包する必要があります。

少しでも高い査定額を望むなら、梱包作業にも気を配ることとなります。品物はできるだけ綺麗な状態を保ち、輸送時の揺れや衝撃でダメージを受けないよう丁寧に詰めなければなりません。

そのため、一度に送る品物が大量にある場合、梱包する作業も多くなり苦労するでしょう。

また、ダンボールなどの梱包材は店舗側から送付してくれるのか、それとも自分で用意する必要があるのか、配送料はいくらかかるのかは事前に確認しておきましょう。店舗側が用意してくれる場合でも、どのくらいの量までなら用意されるのか、といったことも確認が必要です。

入金までに時間がかかる

宅配買取では他の買取方法に比べて「入金までに時間がかかる」こともデメリットの一つとしてあげられます。

宅配買取で行われる買取確定までの流れは、以下のとおりです。

① 買取対象の品物を発送してから店舗に到着する


② 到着後に査定が行われて金額が確定する


③ 利用者への査定額の提示と合意がされる

住んでいる地域にもよりますが、品物が店舗に届くまでに数日かかることも珍しくはありません。店舗に届いてから査定を行い、金額に合意したあとに入金となることから、買取の申し込みをしてから実際の入金日までおおよそ数日~1週間かかります。そのため、何らかの事情で今すぐにでも現金が欲しい方にはあまり向きません。

宅配買取を利用する際には、入金が行われるまでにどの程度時間が必要になるかを確認しておきましょう。

キャンセルした際には返送料がかかる場合がある

品物の査定内容に納得がいかなかった場合、買取金額に合意する前であれば買取をキャンセルできます。ただし、買取をキャンセルした際に発生する返送料の負担は、店舗運営業者によっては自己負担が求められる場合もあるため事前の確認が必要です。

買取をキャンセルする可能性がある場合には、初めから返送料がかからない買取業者を選びましょう。

「買取ステーション」であれば、買取をキャンセルした場合でも返送料はもちろん、キャンセル料もかかりません。査定に出した品物が複数あった場合には、品物ごとに買取を受け入れるか返却を希望するかを選ぶことが可能です。

「LINE査定」や「写メ査定」といった簡単な事前査定にも対応しているため、オーディオ機器やカメラなどの買取を希望している方は一度検討してみてはいかがでしょうか。

LINE査定はこちら

写メ査定はこちら

 

参考:宅配買取で全国対応の買取ステーション

まとめ

宅配買取では、移動や査定が終わるまで店舗周辺で過ごす時間、品物をわざわざ店舗に持ち込む手間がかかりません。ただし中には利用できない品物があったり、大量にある場合は梱包に手間がかかったりします。

そういったデメリットと比較しても、作業の全てを自宅で完結できることは、宅配買取最大のメリットと言えるでしょう。

また、査定額に不満があれば気兼ねなくキャンセルできることも、安心材料の一つと言えます。ただし、店舗によってはキャンセル料や返送料を要求される場合もあるため、事前の確認が必要です。宅配買取を利用する際には申し込みから入金まで、どのような対応をとってくれるのかをしっかりとチェックしてから、申し込むようにしましょう。

当店は査定後のキャンセルや返送料もすべて無料ですのでご安心下さい。他社の査定額との比較でのご相談でもお待ちしております。

宅配買取など買取に関するコラム集一覧