電話買取

査定

MENU

宅配買取など
買取に関する
コラム集

宅配買取の梱包で気をつけるポイントと入金までの具体的な流れ

買取サービスの中でも手間と時間のかからない便利な宅配買取サービス。

わざわざ買取店へ出向く必要がないので忙しい人にもピッタリの買取方法です。
宅配買取サービスでは宅配業者に査定希望の品物を配送してもらうのですが、梱包に不備があって商品が破損した場合は査定金額が大幅に下がってしまう可能性も。
商品の破損は梱包時のちょっとした工夫で防げます。できるだけ高額で査定してもらえるよう、梱包にひと手間加えて宅配買取サービスを利用してみてください。

宅配買取で品物を梱包するときのポイント

不用品を買取に出す際の梱包方法には、中の品物が破損しないようにするためのちょっとしたコツがあります。
せっかくの買取依頼、破損などで査定金額が下がらないよう、梱包にはちょっと気を使ってみてください。

ダンボールの底は十字貼りで閉じる

品物をダンボール箱に詰め、ガムテープで封をするときは、箱に対して十字に貼るとダンボール箱が破損しにくくなります。
ガムテープを十字に貼ることにより、ダンボールの中心に圧力がかかったとしても、底が抜けにくくなるのです。
また重量物を入れたときなど、さらに頑丈な閉じ方が必要な場合は、「キ」の字にガムテープを貼るとさらに強度が増しますよ。

品物が複数あるときは、重い物を下に入れる

査定希望の品物が複数ある場合は、軽い物がつぶれないように、重い物を下にして梱包しましょう。
軽い物を下にしてしまうと、上からの重さに耐えきれず、傷や破損の原因になってしまいます。
重心が偏らないよう、均等に品物を入れることもポイント。重心が偏ると配送中に箱の中でバランスを崩してしまうかもしれません。

緩衝材を使用する

商品を梱包する場合は、箱の中の品物がこすれて傷まないように、また箱の中で品物が動かないように、緩衝材を使って商品を固定しましょう。
緩衝材は、いわゆるプチプチと呼ばれるような市販の緩衝材のほか、新聞紙なども利用することができます。
緩衝材は品物一つ一つを保護するように詰めるのがコツ。また箱と品物の間に隙間ができないよう、緩衝材を詰め込んでおくと配送中に箱の中で品物が動くことを防ぎます。

 

参考:宅配買取で全国対応の買取ステーション

梱包方法のNG

査定希望の商品が送られてきたときに商品が残念ながら破損してしまっている――。
そんな荷物の梱包のしかたには、共通点があります。
せっかくの商品が破損しないよう、以下の点を参考にしてください。

隙間が多い

ダンボールの大きさに対して梱包する品物が小さい場合、どうしても箱と品物との間に隙間ができてしまいます。
そんな場合は、輸送中にダンボールの中で品物が動きやすくなり、品物の表面に傷が付いたり、破損したりするおそれがあります。
ダンボールと商品の間に隙間がある場合は、プチプチだけでなく、新聞紙なども活用し、隙間をなくしましょう。

品物同士がぶつかる

複数の商品をひとつのダンボールに詰める場合、輸送中に硬い部分がぶつかると品物の表面が傷つく原因になります。
電化製品は傷が原因で買取価格が下がる場合もありますので、複数の品物を送付する場合は、それぞれをしっかりと緩衝材でくるんで、品物同士が直接触れ合わないようにしましょう。

箱の閉め方が甘い

買取希望の品物を入れたダンボール、輸送中に開いてしまっては意味がありません。中の品物が飛び出して破損したり、買取に必要な書類が隙間から落ちてしまうこともあります。
ダンボールはガムテープで隙間なく閉じましょう。
ダンボールを閉じる際は、養生テープではなくガムテープで。養生テープはガムテープよりも粘着力が弱いので、ダンボールを閉じるには不向きです。使用は避けましょう。

 

参考:宅配買取で全国対応の買取ステーション

買取ステーションの宅配買取の流れ

STEP1:申し込み

まずは査定の申し込み。

インターネットか電話で申し込むことができます。
インターネットの場合は、問い合わせフォームから申し込みます。

買取ステーションの宅配買取には宅配査定、写メ査定、LINE査定の3種類があります。
正確な査定額を知りたい場合はスタッフが実物を見て査定する宅配査定を。おおよその査定額でも構わないのであれば、写メ査定・LINE査定という方法もあります。写メ査定・LINE査定だと、品物の写真から大まかな査定金額を算定しますので、気軽に査定を依頼することができますよ。

STEP2:品物を梱包し、発送

査定を申し込んだ後は、品物を梱包して宅配便で発送します。

自宅にダンボールがない場合は無料で宅配キットを送ってもらえるのでそれを利用しましょう。
宅配キットのダンボールのサイズは3段階(大・中・小)。査定に出したい品物の大きさや量に合わせて選びましょう。
査定希望商品と付属品(取扱説明書に記載されているもの)も合わせてダンボール箱に入れたら、無料査定申込書と身分証明書を忘れずに同封します。必要な書類に漏れがあると、査定ができない場合もありますよ。
梱包が終われば、最寄りのコンビニかヤマト運輸の営業所へ持ち込むか、集荷を依頼します。

送料は買取ステーションが負担しますので、着払でOK。
宅配キットと一緒に買取ステーションから送られてくる配送伝票には送付先などが印字されているので、伝票を記入する手間も省けます。

STEP3:査定

商品発送後、いよいよ査定です。

写メ査定・LINE査定を行った場合でも、正式な査定は品物が買取ステーションに到着してから行われます。
査定を行うのは買取ステーションの専門のスタッフ。品物の状態と相場に照らし合わせて丁寧に査定します。
買取ステーションに品物到着後、3営業日以内に査定額の案内がありますので、その金額によって買取か返却かを選択してください。
返却を選択した場合、品物の返送料は無料です。

STEP4:入金

査定金額に納得して買取を選択すると、3営業日以内に希望の金融機関の口座へ査定額が入金されます。
すぐに現金が必要な場合など、振り込みではなく、査定額を現金で受け取りたい場合は、直接店舗へ行けば、現金での受け取りも可能です。

 

参考:宅配買取で全国対応の買取ステーション

お金に変わる大切な品物を丁寧に梱包して高額査定を狙おう!

店頭に出向かずに不用品を買取に出せる便利な宅配買取サービス。
査定金額をできるだけ下げないためには買取希望の品物を無傷で査定に出すことが大事なポイントです。
そのために一番重要なのは、なんと言ってもしっかりとした梱包。気軽な宅配買取でも梱包だけは念入りに、緩衝材を使って丁寧に荷造りをして査定に出してくださいね。
せっかくお金に変わる商品です。傷がついたり破損しないよう、ダンボール箱に詰めてくださいね。

 

参考:宅配買取で全国対応の買取ステーション

宅配買取など買取に関するコラム集一覧