電話買取

査定

MENU

~~ 買取アイテム ~~

宅配買取など
買取に関する
コラム集

チューナーの選び方!初心者向けおすすめチューナーも紹介

チューナーは、ギターやベースを正確な音程で演奏するために欠かせない機材です。

 

チューナーにはさまざまな種類があり、それぞれ特徴やメリットがあります。

自分に合うチューナーを選ぶためには、種類ごとのチューナーの特徴をまず理解することが重要です。

 

そこで当記事では、種類別のチューナーの特徴を説明したうえで、チューナーの選び方を解説します。初心者向けにおすすめのチューナーも紹介しているため、商品選びに困っている方はぜひ参考にしてください。

 

【種類別】チューナーの特徴

 

チューナーは、ギターやベースなどの弦楽器をチューニングするための音楽機器です。

チューニング(tuning)という英語の意味は「調律」や「同調」であり、音楽においては音の高さを正確に合わせることを意味します。

 

ギターなどの弦は、使うにつれて張り加減が変わり、音がズレてしまいます。

弦の張りは気温に影響されて変わるケースもあるため、定期的にチューニングして正しい音に合わせることが重要です。

 

このように、音楽シーンに必要不可欠なチューナーには、大きく4種類があります。

自分のニーズに合う機種を選ぶために、種類ごとの特徴を押さえましょう。

 

ここからは、種類別にチューナーの特徴を詳しく説明します。

 

ヘッドに挟んで使える「クリップタイプ」

 

クリップタイプは、ギターのヘッドに挟んで使うチューナーです。

 

挟むだけで使える手軽さに加えて、コンパクトで持ち運びやすい製品が多く、全体的に価格帯が低いことも特徴です。利便性の高さから人気を集めており、手軽さ重視でチューナーを探している方に適しています。

 

ただし、クリップタイプは鳴らした音の振動を拾うため、静かな場所でなければ正確にチューニングできない場合があります。

 

薄型かつコンパクトな「カードタイプ」

 

カードタイプは、初心者からエキスパートまで、最も多く使われているチューナーです。

 

シールドをつないで使えるため、ほかの音を拾わずに正確にチューニングできます。

さらに、チューニング機能以外にメトロノーム機能やアンプ機能が付いたタイプもあり、チューナーひとつでさまざまなニーズに対応できることも特徴です。

 

なお、アコースティックギターなど、シールドが接続できない楽器に使う際は、内蔵マイクを利用します。内蔵マイクの場合は外部の音を拾いやすくなるため、できるだけ静かな環境で実施することが重要です。

 

エフェクターのような「ペダルタイプ」

 

ペダルタイプは、楽器とアンプの間に本体をシールドでつなげて、エフェクターのように使用するチューナーです。

 

足元に置いたまま操作できるため、ライブなどのステージ演奏でも使いやすいというメリットがあります。

 

ペダルタイプは、ほかのチューナーと比べて、大きく高価な製品が多いことがデメリットです。しかし、ほかの音に影響されないため、あらゆる場面で高精度なチューニングが可能となります。

 

スマホで調整ができる「アプリタイプ」

 

最近は、チューニング用のスマホアプリもあります。

アプリをダウンロードするだけですぐに使用できる、シンプルな操作性が特徴です。

 

ただし、スマホの内蔵マイクで音を拾うため、ほかのチューナーよりも精度は落ちます。

急遽チューニングが必要になった場合など、臨時的なケースで使用するとよいでしょう。

 

使いやすさや値段はそれぞれのアプリで違うため、事前にアプリのサービス内容をしっかり確認することを推奨します。

 

チューナーの選び方|初心者向けの選ぶポイント

 

ギター初心者などが自分に合うチューナーを選ぶためには、特徴に加えて、選ぶポイントを押さえることが大切です。購入してから後悔しないよう、今の時点でしっかりポイントを理解しておきましょう。

 

ここからは、チューナーの選び方として、チューナーを選ぶ際に意識すべきポイントを紹介します。

 

初心者でも簡単に扱える操作性か

 

初心者の場合、操作がシンプルで扱いやすいチューナーを選ぶことが大事です。

操作性が複雑なチューナーだと正しく使用できず、正確なチューニングができない可能性があります。

 

操作がシンプルなチューナーとしてのおすすめは、クリップタイプまたはカードタイプです。

どちらも操作が簡単なタイプが多く、なおかつサイズが小さいため、カバンなどの空いているスペースに入れて手軽に持ち運べます。

 

使用場所や目的に合っているか

 

使用場所や目的に応じてチューナーを選ぶこともポイントとなります。

 

自宅で手軽にチューニングしたい場合や移動することが多い場合は、簡単に使えて持ち運びしやすいクリップタイプ、またはカードタイプがおすすめです。

 

ライブなどのステージ演奏が多い場合は、足元に置いたまま使えて、ほかの音の影響を受けないペダルタイプをおすすめします。

ただし、ペダルタイプは接続方法が複雑な製品もあるため、事前につなぎ方を練習しておくとよいでしょう。

 

初心者におすすめのチューナーは?

 

最後に、初心者におすすめのチューナーを5つ紹介します。

 

・KORG Pitchclip

シンプルな操作性と使い勝手のよさが特徴的な、クリップ式のチューナーです。

チューニングの精度が高く、リバース機能や電池を持続させるためのオート・パワー・オフ機能も搭載されています。

 

さらに、ディスプレイが大きいため視認性が高く、コンパクトで場所を選ばずに使える点も魅力的です。

 

・YAMAHA クリップチューナーYTC5

コンパクトで手軽に使える、LED式のクリップチューナーです。

バックライト機能が付いており、暗いステージの演奏でも活躍してくれます。

 

ギターやベースはもちろん、ウクレレやクロマチックにも対応しているため、さまざまな弦楽器の使用におすすめの人気モデルです。

 

・KORG GA-50

大きな表示画面と優れた機能性が特徴のカードタイプのチューナーです。

ギターモードとベースモードを選ぶことができ、音名だけでなく弦番号が画面に表示されるため、初心者でも確実性の高いチューニングが可能となっています。

 

また、半音下げから5半音下げまで対応しているため、音程を下げてチューニングしたい方にもおすすめです。さらに、サウンド・アウトモードを搭載しており、目視だけでなく直接音を聞きながらチューニングできます。

 

・KORG Pitchblack mini

使いやすさが魅力のペダルタイプのチューナーです。

ペダルタイプのチューナーは大きいものが多い傾向ですが、KORG Pitchblack miniはコンパクトであるため、初心者でもボードに組み込みやすいでしょう。

 

また、+-0.1セントと非常に細かく音を調整できるため、環境に左右されず高精度なチューニングが可能です。

 

・GuitarTuna:ギターチューナー

手軽さと正確さが売りの、アプリタイプのチューナーです。

初心者からベテランまで、現在までに2,000万人以上に利用されている実績を誇ります。

 

エレキギターやアコースティックギター、ベース、ウクレレなど、さまざまな弦楽器に対応しているため、用途に応じた使い方が可能です。また、バックグラウンドノイズ除去機能が搭載されており、ほかの音がある状況でも正確なチューニングができます。

 

初心者でどのチューナーを選べばよいのか迷ったときは、上記で紹介したチューナーも参考にしてください。

 

まとめ

 

チューナーには大きく4つのタイプがあり、それぞれに特徴やメリットがあります。

タイプごとの特徴や選ぶポイントを押さえて、自分に合う製品を見つけましょう。

 

また、チューナーの買い替えを検討している場合は、古いチューナーを買取ステーションに売却することをおすすめします。

 

買取ステーションは、初めての方でも簡単に利用できる、音楽機材などの買取ショップです。出張買取や宅配買取をすべて無料で受け付けており、届いた製品は専門スタッフが丁寧に審査します。LINE査定や写メ査定も対応しており、査定だけの利用も大歓迎です。まずはお気軽に査定をご依頼ください。

宅配買取など買取に関するコラム集一覧